大谷翔平の選球眼にベテラン捕手が舌を巻く「自信に満ちあふれていた」

ざっくり言うと

  • エンゼルスの大谷翔平が26日のパドレス戦に「2番・指名打者」で出場した
  • パドレスの捕手は大谷について「球の見極めがしっかりしていた」と評価
  • 「打つべき球を打っていた。強烈な打球だった」と振り返っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング