KDDI、沖縄セルラーは、ホームIoTサービスとして提供している「au HOME」の機能を2月27日から拡充する。新たにシーン設定機能が追加され、スマートフォンの位置情報と連動する機能などが利用できるようになる。「au HOME」のスマートフォンアプリを最新版(Ver.2.0.0以降)に更新することで対応する。

 「au HOME」のスマートフォンアプリの最新版はタイムラインUIに変更され、ドアの開閉やセンサーの検知といった自宅の情報が、時系列で表示されるようになる。

 「家電管理機能」は、au HOMEアプリに自宅の家電の情報を登録しておくと、保有している家電をリストで管理でき、アプリ上で取扱説明書が簡単に読めるという機能。最新家電との電気料金比較や、比較結果に応じて「Wowma!」での家電の購入をサポートするクーポンをプレゼントするといった連携も提供される。

 目玉機能として提供されるのは「シーン設定機能」で、スマートフォンアプリの位置情報と連動して、自宅の家電を自動的に操作できるようになる。例えば、帰宅時に最寄り駅に到着すると、自宅のエアコンや照明をオンにするといったことが可能。逆に、朝出かけた際に消し忘れた照明があっても、位置情報で自宅から離れたことを検知し、自動的に照明をオフにすることもできる。家電の操作は「au HOME」の赤外線リモコン連携機能で行う。今後はさらに、特定の時間にドアの開閉を検知すると照明やエアコンをオンにするといった、au HOME対応デバイス同士の連携も「シーン設定」として追加していく。

 更に、au HOMEにおいて、スマートスピーカーの「Google Home」または「Google Home Mini」を経由してテレビの操作が可能になる機能追加も行われる。

 これらの一部は、2017年11月21日に開催されたau HOMEの発表会で、「2018年初頭より提供」などとして案内されていた機能で、具体的なサービス内容が明らかになった。