写真=iStock.com/Andrew Rich

写真拡大

プレジデント誌の好評連載「悩み事の出口」。ライフネット生命の創業者で、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんが、読者の悩みに答えます。今回のお題は「不満ばかり言う同僚」。出口さんは「たくさん仕事を振ってあげてください」といいます――。

■Q:口を開くと不満ばかり言う同僚とどう接すればいいのか?

――隣の席の同僚が愚痴ばかりで、こちらが精神的に参ってしまいます。

聞き流すのが一番です。まともに聞いていたら、自分もストレスが溜まり、疲れてしまいます。人間の脳は、興味のない話は構造的に聞き流すようにできていますから大丈夫です。

――最初は私も聞き流すようにしていました。でもいまはいくら聞き流しても聞き流せないくらい、頻繁に話しかけられるんです。

「2・6・2の法則」をご存じでしょうか。上位2割は生産性が高く一所懸命仕事をする人、真ん中の6割は平均的な人、下位2割は生産性が低く不満ばかり言っている人。

どの集団もだいたいこういう内訳になりますから、愚痴ばかり言う同僚がいるということは、違う見方をすればあなたの職場は正常である証拠です。

――そう言われても、仕事の妨げになることは確かです。一緒にランチに行ってもずっと愚痴ばかり……。

一対一だと、相手の不満を全部受け止めなければならないので、仲間の力を借りましょう。仮にこちらが5人を集めてランチに行けば、あなたの負担は5分の1で済みます。

次は「毒をもって毒を制す」。みんなが毒舌を全開にして毒を吐きまくれば、相手は呆気に取られて大人しくなるかもしれません。

――仲間5人を集めて、いきなり毒舌キャラですか? ちょっと私には難しいかもしれません。別の解決策を教えてください。

不満を言っている人は基本的には暇な場合が多い。そうであればその人にもっと仕事を与えて忙しい状態にすることが一番。仕事を与えられることで「私は、認められているから仕事を振られるんだ」と思うでしょうし、不満を言うことに使っていたエネルギーを仕事に昇華させれば、その人のためにもなります。なにより、あなたの心の平穏のためにもなるし、組織としても「一石二鳥」です。

――どうやって仕事を与えればいいのでしょうか?

簡単です。上司に「あの人、暇なようですよ。口を開くと不満ばっかり言っていますから、不満を言う暇がないほど仕事をたくさん与えてください」と相談しましょう。当然、忙しくなればランチに行って愚痴を言う時間もなくなるでしょう。

――まずは上司に相談することからですね。

はい。それで相手が忙しくなれば、早く仕事を終えてお酒でも飲みたいということに意識が向かうので、早く仕事を終わらせようと必死になるでしょう。忙しく手を動かしていたら、文句を言う暇もないはずです。昔から「小人閑居して不善をなす」と言いますからね。

Answer:不満を言っている人には、たくさん仕事を振ってあげてください

----------

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県生まれ。京都大学卒業。日本生命ロンドン現地法人社長、ライフネット生命社長・会長を経て、2018年1月より現職。
 

----------

(立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口 治明 構成=八村晃代 撮影=市来朋久 写真=iStock.com)