患者が連続中毒死した旧大口病院 受け入れ再開に向けた確認作業

ざっくり言うと

  • 2016年9月、80代の男性患者2人が連続で中毒死した横浜市の旧大口病院
  • 入院患者の受け入れ再開に向けた現地確認で、市は薬品管理などの改善を確認
  • 病院は2月中にも、入院患者の受け入れを再開する方針だ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング