米国の市場調査会社ガートナーによると、昨年(2017年)10〜12月期における、世界のスマートフォン販売台数(小売りベース)は、約4億800万台となり、1年前から5.6%減少した。

 こうして10〜12月期のスマートフォン販売台数が、前年実績を下回るのは、同社が統計を取り始めた2004年以降初めてのこと。その要因は、主に2つあるという。

 1つは、低価格で品質の良いスマートフォンが十分に市場に出回らなかったことで、新興国市場などでフーチャーフォン(従来型携帯電話)からの買い替えが停滞したこと。

 もう1つは、ここ最近、スマートフォン利用者が高性能で高価なスマートフォンを所有するようになっており、全体として買い替え周期が長期化していること。

 消費者の高性能端末に対する需要は、依然として高く、その分期待も高まっている。だが、最近はスマートフォンの技術革新が頭打ち状態との指摘もある。ガートナーによると、新規に登場するモデルの進歩はわずかなものにとどまっており、買い替えのメリットが薄れているという。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

サムスンは3.6%減、新モデルに期待

 昨年10〜12月期の小売り販売台数をメーカー別に見ると、台数が最も多かったのは韓国サムスン電子。これに米アップルが次ぎ、このあと、中国ファーウェイ(華為技術)、中国シャオミ(小米科技)、中国オッポ(広東欧珀移動通信)と続いた。

 このうち、サムスンの台数は、1年前から3.6%減少。同社販売台数の多くを占めるのは、低・中価格帯の製品だが、この分野の競争が激化しているという。

 一方、旗艦モデル「Galaxy S8」シリーズは、ここに来て販売が減速し始めた。ただ、同社はこのほど新たな旗艦モデル「Galaxy S9」シリーズを発表した。このモデルは3月16日に発売される予定だが、これが成功すれば、サムスンの利益や販売価格は改善すると、ガートナーは指摘している。

アップルは5%減、iPhone Xでつまずき

 アップルの10〜12月期における販売台数は、1年前から5%減少した。同社は昨年9月に「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」を、11月に「iPhone X」を市場投入した。

 しかし、この発売時期のずれが、新モデルへの買い替えを遅らせた。消費者はiPhone Xの登場を待つ状態となり、その分、iPhone 8シリーズの販売が鈍ったという。

 一方で、iPhone Xは、部品不足や生産能力の問題から、当初の出荷に遅れが生じ、12月初旬にようやく通常の出荷体制に戻った。

 ただし、iPhone Xには十分な需要があることから、アップルはこの1〜3月期に遅れを取り戻すことができるだろうと、ガートナーは予測している。

中国2社が躍進

 これら上位2社に対し、大きな成果を上げたのは、3位のファーウェイと4位のシャオミという。

 ファーウェイの10〜12月期の販売台数の前年同期比伸び率は7.6%、シャオミは同79%だった。上位5社のうち、台数が1年前から増えたのは、この2社のみ。両社はシェアも伸ばしている。

中国メーカーのシェアが拡大

 世界スマートフォン市場の2017年における年間販売台数は、15億台超で、前年比2.7%増だった。こちらも首位はサムスンで、アップルが2位。

 ただし、両社のシェアは前年とほぼ同じ(それぞれ20.9%と14.0%)。これに対し、ファーウェイのシェアは9.8%に拡大、アップルとの差を縮めた。

 興味深いのは、こうして中国メーカーのシェアが伸びていること。上位5社に入った中国メーカーの合計シェアは23.6%となり、前年から4.2ポイント拡大した。

(参考・関連記事)「アップル、10〜12月期のスマホ出荷台数で首位に」

筆者:小久保 重信