平昌冬季オリンピックでは熾烈な試合を終えた後の友情交換風景が話題になっている。厳しい練習に堪えぬいた選手だからこそ国を超越して理解しあえるのであろう。

 かつて相撲に熱中し、食い入るように聞き耳を立てた(ラジオの時代)のは栃錦と若乃花(初代)時代であった。学生時代に巡業中の栃若を一目見たこともあり、ガチンコ勝負の凄さに感じ入った。

 その後も大鵬、千代の富士、そして貴乃花・若乃花兄弟の時代と続き、関心が薄れることはなかった。

 自衛隊への感謝と応援、そして「自分の国は自分で守る」防衛思想の普及を目的とする民間団体「全国防衛協会連合会」で勤務(平成18〜22年)していた時、毎年の初場所中盤に陸海空自衛隊の幹部学校などで学んでいる外国軍人留学生とその家族を日本文化紹介の一環として大相撲に招待していたので、案内も兼ねて彼らとともに国技館内で観戦するチャンスに恵まれた。

 当時は朝青龍の1人横綱に大関の白鵬が挑戦し、横綱に昇進(平成19年7月場所)した時期から、朝青龍が引退(平成22年)する期間であった。朝青龍が型破りで暴れん坊の横綱であっただけに、白鵬は好対照で礼儀正しい関取という印象が強かった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

相撲の神様・双葉山

 その白鵬が横綱となって、不祥事続きの角界を支えてきたことは万人が認めるところである。平成22年九州場所では63連勝を飾り、史上2番目の輝かしい記録も残した。

 そのとき白鵬は、「不世出の横綱」「相撲の神様」「昭和の角聖」などと称えられた双葉山を意識した言葉を吐露した。連勝街道を稀勢の里に阻止された後のインタビューで、「木鶏ならずですね」と語ったのである。

 手元に黄ばんだ「朝日新聞」(1997年1月10日付朝刊)がある。「20世紀の古典」欄で、当時の相撲評論家小島貞二氏が第35代横綱「双葉山」を取り上げている。

 現役時代の写真が掲載されているが、何となく貴乃花似である。そして、見出しは「心から鍛え上げた横綱」とある。

 小島氏は双葉山の大記録をストップさせた安芸ノ海の付け人で、勝利の裏側を見ていた人である。一門あげて双葉山の連勝をストップさせる「秘密兵器」となる技を特訓で練っていたそうである。

 それは「絶対に右を封じろ。左上手を許さず食い付け。思い切り外掛けで行ってみろ」ということだったという。

 戦後、栃錦をはじめ、若乃花、大鵬、北の湖、千代の富士、貴乃花など、「強い横綱力士が出ているが、まだ誰も双葉山の域には達していない。貴乃花の相撲に、時折双葉山を感じるくらいだ」と小島氏は書いている。

 顔写真が似ているだけではなく、相撲に懸ける意気込みや取り組む姿勢も似ていたというのに改めて驚いた。

 双葉山は父の回船業を手伝ったことで、バランス重視の相撲の体の基本を作り上げ、入幕頃の体重は90キロ台で、天性の足腰だけに頼るうっちゃりが多かったという。しかし、幕内上位になるにつれ体重も120〜130キロとなり強みを増す。

 「右を差し、左上手を取っての投げ、胴長の体形を利しての寄りに、無双という型を完成、白星街道を走る」と小島氏は記している。

 また、取り口そのものは正攻法で変わらなかったが、体重がないため力不足で土俵際まで押し込まれることが多かったのに対し、体重が増えてからは立合いから「後の先をとる」を地で行き相手より一瞬遅れて立つように見えながら先手を取り、右四つに組み止めた後に吊り出し、寄り、または左からの上手投げで相手を下すようになったと、取り口を解説している。

 当時は1月と5月の2場所で、しかも昭和12年1月場所までは11番勝負、5月場所以降は13番勝負であった。

 双葉山は昭和11年春場所7日目から勝ち続け、続く5場所を全勝で飾り、足掛け4年にわたる昭和14年春場所3日目まで、69連勝という前人未到の大記録を打ち立てる。この間に平幕から大関、そして横綱にまで昇進している。

 「ほとんど視力を欠くハンディを負っていたが立会いに何の乱れもなく、神仏にすがって心眼を開こうとした一面も逸話にある」という。70連勝がならなかった日に、恩師の安岡正篤氏にあて「イマダモッケイ(木鶏)ニオヨバズ フタバ」と電報を打っている。

 小島氏は、肉体と勝負の興味だけが肥大化している現在の相撲を見るとき、「心という内面から鍛え上げた双葉山の偉大さに、古典の美しさを感じる」と結んでいる。

白鵬の傲慢な振る舞い

 他方、現在の相撲評論家である舞の海氏は「相撲“俵”論」(「産経新聞」平成29年12月21日)で、「長きにわたる大相撲の伝統がここまで壊れてしまうとは」と嘆く。それは平成29年九州場所11日目の嘉風との一番で、敗れた白鵬が採った行動に対してである。

 白鵬は勝負がついたあと土俵下で右手を挙げて立ち尽くす。審判から促され1分以上経ってから土俵に上がるが、ここでも不満な表情で仁王立ちのまま引き上げようとしなかった。

 舞の海氏は「土俵に上がらずに時間を稼げば『白鵬が納得していないのだから』と観客も味方して審判員の誰かが折れ、仕方なく物言いをつけてくれるとでも思ったのか」と、白鵬の心を推し量ったうえで、「おごりを感じる」と語る。

 また、「力士は自分が納得できなくても静かに引き下がらなければいけない」と述べ、「そこでぐっとこらえるのが最も大切な修行である」が、「白鵬が日本の大相撲の精神を何も理解していなかったことが証明された」と断言する。

 白鵬のとったような振る舞いが許されるならば、「いずれは軍配に納得いかず行司の装束をつかんで『俺の勝ちだろう』と言い出しかねない」と述べ、また「最後は行司側と力士側に分かれ観客も交えて大乱闘になるかもしれない」と、プロレス紛いになってしまうのではないかと危惧する。

 筆者が白鵬の振る舞いで「見苦しい」と感じるようになったのは、懸賞金を受け取って土俵を去るとき、懸賞金を持った手で大きく空を切る仕草である。

 「俺は強いだろう。こんなに沢山の懸賞金をもらったぞ。見ろ!」とでも言わんばかりであった。「勝って驕らず、負けて挫けず」が相撲だと聞き及んでいたからである。

 当初述べたように、横綱になりたての頃までの白鵬に対しては礼儀正しい関取という印象が染みついていた。

 しかし、朝青龍が去った後、八百長問題なども発覚し、相撲人気も低落した頃からであろうか、一人横綱の重責もあったであろうが、その裏では大相撲を支えている自負がもたらした驕りかどうかは分からないが、不遜な態度が多く見られるようになってきた。

 白鵬が大鵬(の取り口や日常生活における態度など)に親炙している口ぶりに舌を巻いたし、63連勝で止まった時も「われいまだ木鶏ならずですか」と自嘲気味に語り、自らの心をしっかり捉えようとしている姿に筆者は感服したものである。

 また、横綱のあるべき姿として、「後の先」を語っていたことも思い出す。相手よりも一瞬遅くれて立って攻めさせるが、その後の攻防で先に立ち相手を負かす。紛れもなく横綱相撲であり、大横綱への道を進んでいると思っていた。

取り組みでもクレーム

 ところが、実際は「後の先」とは程遠い「荒々しい立ち合い」として問題視されている。張り手やかち上げで相手の動きを止める相撲にファンからは、「そのような取り口は横綱相撲とは到底言えない。美しくない」との趣旨の投書が相次いでいるとされる(「産経新聞」平成29年12月21日付)。

 「勝って威張らず」「審判を受け入れる」が相撲道である点から見ると、横綱であるだけに白鵬の行動は言語道断としか思えない。そうした中で、一大勢力となったモンゴル勢の普段の行動や取り組みに目が注がれるのは当然であろう。

 スキージャンプの葛西紀明選手は連続8回冬季オリンピックに参加し、「レジェンド葛西」として有名である。他方、角界のレジェンドは千代の富士らしい。

 小兵の千代の富士は凄まじい眼光で相手を睨みつけ、左前褌(ひだりまえみつ)を取って速攻を得意とする激しい攻めで大きな体格の力士をなぎ倒す相撲を得意とし、ウルフ(狼)の名でよばれた。

 白鵬が多くの記録を塗り替えるまでは歴代2位の通算1045勝、そして53連勝と幕内優勝31回は歴代3位。軽量で脱臼癖のある体を筋トレで筋骨隆々の体に作り上げて得た功績が認められ、角界初の国民栄誉賞を平成元年に受賞した。

 白鵬は「自分が目指すべき理想の力士」として千代の富士を挙げ、日馬富士も「『史上最強』の名がふさわしい横綱」と称え、強い尊敬の念を抱いていたとされる。

 この2人の横綱が土俵の外で暴力事件に関わり、日馬富士は土俵を去り、白鵬は取り組みや土俵上での行動にクレームをつけられ、試練に立たされている。

 またプロレスのような乱闘ではないが、白鵬が右ひじに装着しているサポーターには疑問が投げかけられている。2018年2月1日号「週刊新潮」は、「『卑怯な横綱』と『貴乃花』は激昂した!」、「『白鵬』最凶の所以は『特注サポーター』の異常硬度」と過激な見出しをつけている。

 記事の中で、相撲記者は「(かち上げは)鉤状に曲げた腕で、相手の胸のあたりを狙って突き上げるように体当たりする技です。しかし、白鵬は相手の顎よりも上に肘をぶつけている。あれはかち上げではなく、エルボースマッシュです」と語っている。

 同様に、スポーツ評論家の玉木正之氏も「あれはエルボースマッシュ、ひじ打ちですから、爐ち上げ″と表現すべきではないと思います」と述べ、続けて「白鵬は自分の肘でフック気味に相手の顔や顎を狙ってみたり、時には上から斜め下に振り下ろすひじ打ちをおこなうこともあり、明らかに反則」と断言する。

 横綱にとっては不名誉極まる記事であろうが、名誉にかけて、ガチンコ勝負で疑いを晴らしてほしものである。

勝率が示す不可解な取り組み

 さらに「週刊新潮」(2017年12月7日号)は、「『優勝40回』で我がもの顔」「『白鵬』灰色の『十番勝負』を検証した」というタイトルで、相撲ジャーナリストや元親方などの話の特集記事である。

 稀勢の里に1勝のリードで迎えた白鵬の千秋楽における対日馬富士戦は2011年9月場所、14年5月場所、16年3月場所の3回あった。日馬富士が勝てば白鵬は稀勢の里との優勝決定戦となる。

 白鵬の対日馬富士の勝率は通常62.79%であるが、上記´↓では白鵬が全部勝ち、すなわち通常の勝率を上回る100%の勝率で、3回とも稀勢の里との優勝決定戦にもつれ込むことはなかった。

 特には衝撃的で、立ち会った瞬間に、白鵬が軽くいなしただけで日馬富士が自ら走り抜け、土俵を割った感じである。

 逆に、日馬富士が稀勢の里に1勝のリードで千秋楽を迎えた白鵬との対戦が16年7月場所であった。ここでは日馬富士が白鵬を下し、稀勢の里と日馬富士の優勝決定戦には進まなかった。

 相撲関係者の話として、2人の取り口には不可解な点があるという。稀勢の里との優勝決定戦に進まないように、すなわち稀勢の里の横綱への機会も2人の取り口が奪ってきたのではないかという問題提起であろう。

 また、12年5月場所で大関日馬富士は14日目で7勝7敗と負け越しのピンチであった。千秋楽は最強の横綱といわれた白鵬戦であったが、日馬富士が勝利する。

 下半身に定評のあった白鵬は日馬富士が一歩引くとよろめき、左の回しを与え、自分が差していた右手もなぜか離して送り出されてしまう。ベテラン相撲ジャーナリストは到底考えられない取り口だという。

 何とか負け越さずに済んだ日馬富士は、次の2場所12年7月場所、12年9月場所の千秋楽でも対白鵬戦となるが、「奇跡の3連勝」を果し、カド番の危機から一気に横綱に昇進した。

 日馬富士の大関昇進後の対白鵬勝率は37.21%(上記白鵬の勝率の裏返し)に過ぎないが、「ここ一番」では100%となっている。

 先のジャーナリストは、照ノ富士と白鵬の対戦でも勝率から疑問を呈する。照ノ富士が大関に昇進した後の白鵬の対照ノ富士勝率は62.50%である。

 ところが弱小大関と称された照ノ富士は大関陥落のカド番を3回迎えるが、その3場所に限ると白鵬の勝率は33.33%で、カド番脱出を「サポート」している形だという。

 同様に、鶴竜が横綱に昇進する取り組みでも、白鵬の取り口が注目される状況を先のジャーナリストは解説する。

 好角家として知られる漫画家のやくみつる氏は、「終盤戦では結果的に優勝する(モンゴル)力士に勝ち星が収斂していく傾向が強いと感じていました」と述べ、「必然的に、モンゴル人力士同士で、最後の最後まで優勝を争うことはほとんどない。多分に予定調和的なものを感じます」と述べている。

おわりに

 柔道が国際化し、オリンピック競技にも採用されるようになると、「(日本の)柔道」ではなく「(インタナショナルな)JUDO」になり、重量によるクラス分けや判定の細分化などが行われていった。

 取り組みも立ち姿からレスリングではないかと思われるような腰の引けた試合展開さえみられるようになっていった。

 2020年の東京オリンピックを控え、先のリオデジャネイロ・オリンピック当たりから、日本人選手が明確な「一本勝ち」などを意識し始め、「JUDO」から本来の「柔道」への回帰が見られるようになってきた。

 大相撲はオリンピック競技にはなっていないが、国際社会の趨勢に漏れず国際化して、外国人も多数入門している。特にモンゴル勢によって沈滞していた大相撲が活性化した一方で、柔道の国際化で見たように、「相撲」から「SUMO」へ変遷したのではないだろうか。

 週刊誌などでは、これまでもモンゴル勢の結束が描かれてきた。しかし、相撲ジャーナリストであろうと、解説者や関係者であろうと、力士本人ではないし、取り組みが猊埃然″に見えたというだけで、後付けの説明でしかない。

 相撲を愛する一国民としては、力士本人たちにガチンコ勝負を期待するのみである。

 そうした雰囲気を作り、力士を鞭撻するのは日本相撲協会の責任である。協会は「我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させるため」(定款)に存在している。

 外国人力士に相撲道を理解させることは日本人力士以上に困難であろう。親方や相撲部屋任せでは危ういことが分かった。

 白鵬は横綱の品格を問われて、「勝つことが品格だ」と答えたとされる。これが、がむしゃらな勝ちにつながっているとしたら、相撲道のはき違いも甚だしい。

 協会は権力争いをしている場合ではない。相撲道復活のために、いい意見は汲み取り生かす道をとらなければ、再び国民から見放されかねない。

筆者:森 清勇