海上自衛隊が運用するヘリコプター搭載護衛艦(筆者撮影)

北朝鮮の核ミサイル開発や中国の海洋進出によって、日本を取り巻く安全保障環境が悪化している。そんな中、四方を海に囲まれた海洋国・日本の海をどう守っていくのか。国際軍事専門誌『ジェーンズ・ネイビー・インターナショナル』と『ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー』の取材の一環として、海上自衛隊の山下万喜自衛艦隊司令官(海将)に、海自の近代化の取り組みや今後の課題について聞いた。
ジェーンズでは、海上自衛隊史上最大の艦艇である護衛艦「いずも」(全長248メートル、全幅38メートル、高さ49メートル)を、「ひゅうが」「いせ」「かが」と同様、「ヘリコプター空母」とみなしている。「いずも」をめぐっては、現在、内外のメディアで、短距離離陸と垂直着陸が可能な最新鋭のステルス戦闘機F35Bを搭載できるように改修する計画が取りざたされている。
山下司令官は現時点で「いずも」を改修し、F35Bを搭載する計画はないと明言。ただし、大きな甲板を有する「いずも」の拡張的な利用価値を踏まえ、「当然、いろいろなことを考えていかなくてはいけないことのうちの1つだと思っている」と述べた。インタビューは2月13日に行った。

【2月27日12時30分追記】記事初出時、「ひゅうが」「いせ」「かが」に続く4隻目の「ヘリコプター空母」とみなしていると表記していましたが、「いずも」は2015年、「かが」は2017年の就役であり、誤った表現でした。そのため、上記のように訂正します。

いずも型護衛艦をどう使うのか

――海上自衛隊は、近代化にどのように取り組んでいるのか。無人機システムを含め、近代化の方向性についてまず伺いたい。

近代化の方向性について短い時間で説明するのは難しいかもしれないが、キーワードで表すとするならば、「スピード」と「レンジ」だ。スピードというのはわかりやすいと思うが、レンジは覆域と言ってよいもの。ミサイルのレンジやレーダーのレンジ、ソナーのレンジなどがある。

このスピードとレンジが海自の近代化の方向性になるが、それを総合的に考えたときに必要になってくるのがネットワークだ。スピードとレンジを考え、ネットワークをどのように生かすのかを考えたときに1つの答えとして出てくるのが、無人機だ。もちろん無人機だけに頼るわけではない。

――日本の新しい艦艇である「いずも」や「ひゅうが」といったDDH(ヘリコプター搭載護衛艦)は、海自の作戦やドクトリン(方針)にどのような変化をもたらすのか。

「ひゅうが」「いせ」「いずも」「かが」は、もともと4隻あったDDHに取って代わり、新型の大きなDDHで更新したものだ。これらの4隻をどう使うかは、先ほど述べたスピード、レンジ、ネットワークという近代化の方向性の中で、今後さらに使い方を考えていくことになる。そうした幅を持ったものだろうと思っている。

最初からここにこう使うということで作り上げたものではない。今後30年、40年使っていかなくてはいけない船を、そうした近代化の方向性の中でどのように使うのか。たとえば、いずも型護衛艦をどう使うのか、まさに今、考え、検討しながら運用している。

いずも型護衛艦といったDDHではなく、たとえばDDG(ミサイル護衛艦)や新しい艦艇といったさまざまな船が、BMD(弾道ミサイル防衛)や対潜戦にどのように対応していくのかといったいろいろな検討課題がある。近代化をめぐり、いずも型護衛艦だけをとらえると間違った話になる。

いずも型護衛艦には、より大きな拡張されたスペースがある。それをどう使うかが今後のわれわれの課題になっている。

F35B戦闘機の艦上への配備計画は?

――「いずも」の活用法を検討する中、F35B戦闘機の搭載を検討しているか。F35Bの導入を可能にするために何かすぐに変更することはないか。


海上自衛隊の山下万喜自衛艦隊司令官(写真:自衛艦隊ホームページ)

(小野寺)大臣が答えられているとおりだ。ただ、その拡張性という意味においては、当然(それは)いろいろなことを考えていかなくてはいけないことのうちの1つだと思っている。先ほどの無人機の話もそうだ。今は実際に無人機を運用していないが、いずも型護衛艦は無人機の運用という面では、大きなプラットフォームを持っている。

――そうすると、現時点で「いずも」を改修し、F35Bを搭載する計画はないのか。

計画はない。

――将来にわたってはどうか。

先ほど述べた拡張性の中でいろいろなことを考えていかなくてはいけない。いずも型護衛艦は、非常に大きな能力を有している。

――「いずも」や「ひゅうが」で運用するのは、固定翼機や垂直離着陸機、無人機などの中で、どのような軍用機になるのか。

今、運用しているのは回転翼機だ。実績としては、米海兵隊のオスプレイを災害対策のオペレーションで実際に運用した。今、陸上自衛隊がオスプレイの導入の端緒の段階で、将来陸上自衛隊が本格的に運用を始めたら、当然いずも型護衛艦でも運用されることになるだろう。

――自衛隊が直面している課題の1つとして、人口の減少がある。これはシンガポールも同じ。その一方で、艦艇は高機能化している。自衛隊としてどのようにこの課題を克服していくのか。

これもキーワ-ドになるが、われわれの現状は日米が基軸。そのバイラテラル(2カ国)の関係の中、それぞれがアセットとして持ちうる能力が限られている。それをどう拡張するのかというネットワークの話になる。

方向性として、その日米というバイからマルチラテラル(多国間)という世界をどうつくり上げていくかが、キーワードになってくる。日米基軸というバイから、いかにマルチの世界に広げていくかがチャレンジになる。

日米のバイをより深化させるとともに、他の国々に拡大していくことを考えている。


甲板を艦首側から後方を見たところ。その拡張性はどう生かされるのか(筆者撮影)

――それはいわゆる「自由で開かれたインド太平洋戦略」につながるものか。

そのとおり。それは安倍総理がいつも口にされるキーワードだ。

中国の海洋進出と海賊対処活動

――多国間関係について言えば、東南アジア諸国は中国の海洋進出もあり、パートナーシップを求めている。日本の艦艇は将来、南シナ海をもっと航海することになるのか。

われわれがパートナーといかにしてお互いに理解を深めていくかについて言えば、たとえば、西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)やインド洋海軍シンポジウム(IONS)がある。こうした国々の枠組みの中で相互理解を深めていくことが、先ほど述べたマルチラテラルの方向性における努力の1つとなる。

そのマルチのベースになっていくのが、われわれが海賊対処活動などを実施している地域になる。特に太平洋からインド洋を経て、ペルシャ湾に至る海域だ。ここはわれわれのみならず、いろいろな国々の経済の生命線になっている。そこにおいて、いろいろな国の港に立ち寄ってみたり、共同訓練を行ったりすることを通じて、いかに海洋の安全保障が重要かについてお互いの理解を深めている。

――たとえば、どのような国々か。

シンガポールやマレーシア、ベトナム、インドネシア、パキスタン、スリランカ、インド、バングラデシュなどだ。区別なく、いろいろな国に立ち寄っている。

――海上自衛隊は海賊対処活動にもう何年も参加しているが、今後派遣する艦艇の数を増やしたり、高性能な艦艇を派遣したりする計画はあるか。

若干誤解があるかもしれないが、海自の艦艇の寄港は何も海賊対処活動に直結しているわけではない。海賊対処活動に向かう途上を利用して寄港している。

現在行っている海賊対処活動において、艦艇を増やしたり、減らしたりという計画は少なくとも今のところない。

――アフリカのジブチは自衛隊にとって重要な拠点になっているのか。

(防衛)大綱などを読めばわかると思うが、ジブチがアフリカにおける重要なポジションにあるのは間違いない。国際平和協力活動なども含め、今後のジブチの活用法はどうあるべきかについて、さらに高いレベルで議論されている。

ジブチはもともと海賊対処の起点にはなったが、エチオピアの入り口であったり、アフリカ東部の入り口であったりする。今はソマリアの海賊対処がメインになっているが、将来どのように国際活動に使っていくかについては、高いレベルで議論されている。