画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーモバイルコミュニケーションズは26日(スペイン時間)、スマートフォン向けの二眼(デュアル)カメラモジュールの開発を表明した。

スマートフォン向けカメラ技術紹介の一環として、世界最大級となる通信関連の展示会「Mobile World Congress 2018」で明かされたものだが、同社製スマートフォン「Xperia」シリーズの新製品「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」発表会の中で告知された経緯から、今後Xperiaのフラッグシップ機に搭載される可能性がある。

なお、この二眼モジュールは特に低照度環境での撮影に適する。新しい画像融合処理プロセッサと組み合わせることで、静止画撮影時の最高ISO感度が51200、動画撮影時の最高ISO感度が12800という超高感度撮影が可能になるという。