次期ハイエンドXperiaではついにデュアルカメラを搭載か!?ソニーが超高感度撮影技術を開発

既報通り、Sony Mobile Communications(以下、ソニーモバイル)は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)として約5.7インチの「Xperia XZ2」および5.0インチの「Xperia XZ2 Compact」などを発表しました。

またプレスイベントの最後に同社がスマホ向けにデュアルカメラ技術を開発していることが紹介され、従来はレンズ交換式デジタルカメラ(いわゆる「デジタル一眼カメラ」)でしか成し得なかった最高ISO感度(静止画撮影時51200/動画撮影時12800)の超高感度撮影を実現したことを明らかにしました。

今回は具体的にデュアルカメラを搭載する製品は発表されませんでしたが、今後のXperiaシリーズにてデュアルカメラ搭載製品の投入を示唆しており、認証機関を通過しているハイエンドモデルは3つあったため、恐らく今回発表されたXperia XZ2とXperia XZ2 Compactに加えてもう1機種、今年のいずれかのタイミングで投入されそうです。

特に直前にデュアルカメラを搭載した大画面スマホの開発が遅れているといった噂もあり、当初はこのMWC 2018に合わせる予定だったものが、遅れてしまったためにデュアルカメラ技術のみの紹介となったと考えると、そう遠くないうちに製品自体も発表されるのではないかと予想されます。

なお、Xperia XZ2およびXperia XZ2 Compactについてはすでに公開している「Sony Mobile、5.7インチ「Xperia XZ2」と5.0インチ「Xperia XZ2 Compact」のフラッグシップスマホ2機種を発表!デザインを刷新し、縦長ほぼ全画面に。S845や4GB RAMなどを搭載 - S-MAX」をご参照ください。ここではXperia XZ2・XZ2 Compact以外の発表内容をまとめて紹介したいと思います。


ソニーが新開発した2眼カメラセンサーとISP(画像処理プロセッサー)



人の目よりも明るく見えるISO感度51200に対応

今回、ソニーモバイルのプレスイベントにおいて最後に紹介されたのが、新たにソニーが独自開発した2眼カメラとISPを融合して高感度と低ノイズの両立を実現したカメラ技術で、MWC 2018のブースにて実際にどういった写真や動画が撮影できるのか展示します。

ソニーモバイルではスマホ向けに開発、つまり「Xperia」シリーズに搭載する予定であるとし、スマホにとってカメラ機能がいかに大事かを理解しており、その1つの答えとして超低照度の画像を含む目に見えないものを見る力を持つ超高感度カメラ技術を開発したということです。

これにより、超高感度によってノイズの少ない、ぼやけの少ない明るい画像が得らるとのこと。同社では写真好きのニーズに応えるのは技術革新でとし、ソニーのコンセプトである「KANDO(カンドー)」をさまざまな機能とサービスで実現していくとしています。




イベントで最初に発表されたのは耳をふさがないで周囲の音を聞きながら音楽聴取や会話ができるBluetoothヘッドセット「Xperia Ear」シリーズの最新機種「Xperia Ear Duo」で、Xperia Earは片耳だけのイヤホンでしたが、Xperia Ear Duoは両耳に装着する完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

昨年の「Mobile World Congress 2017」でコンセプトモデル「Xperia Ear Open-style CONCEPT」として参考展示されていたものが製品化され、3月に発売され、本日より予約受付が開始されたということです。本体カラーはブラックとベージュゴールドの2色展開。音声サポート機能「Google Assistant」なども利用可能。



Xperia Ear Duo



2-way USB オーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット SBH90C

また2-way USB オーディオ&ワイヤレスステレオヘッドセット「SBH90C」も発表されました。これはUSBとBluetoothの両接続に対応したネックバンド型ヘッドセットで、USB Type-Cに対応しているため、直接、3.5mmイヤホンマイク端子のないXperia XZ2やXperia XZ2 CompactなどのUSB Type-C端子のあるXperiaスマホと接続してハイレゾオーディオが楽しめます。また音楽を再生しながらUSB接続したスマホから給電も可能。Bluetooth接続時にはQualcommの「aptX」に対応。カラーはブラックとシルキーベージュの2色展開。


オープンイヤー ステレオヘッドセット STH40D

一方、3.5mmイヤホンマイク端子に接続できるオープンイヤー型ステレオヘッドセット「STH40D」も発表されました。こちらは耳をふさがずに周囲の音を聞きながら音楽を聴いたり会話をしたりでき、Google AssistantやSiriの起動も可能で、リモコンで通話や音楽の操作ができるようになっています。色はブラックおよびグレー、ピンク、グリーンの4色展開。

さらにイベントでは5Gへの取り組みも紹介され、昨年11月に発表した5Gの通信に対応したコンセプトカーを開発したことを紹介していました。またエリクソンやNTTドコモ、Qualcommなどと提携して各種製品の開発を行なっていくとし、ソニーやNTTドコモでは2020年の5G商用化を予定しています。








記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Mobile World Congress 2018出展について - デザインを刷新したスマートフォン新製品2機種やXperia Ear Duoなどを紹介 - | ソニーモバイルコミュニケーションズ
・Captivating your senses with immersive entertainment, the new flagship Xperia range takes smartphone entertainment to the extreme in a revamped design - Official Sony Blog
・Smartphone Photography Tips - Sony Mobile (Global UK English)