大阪地裁で検察が異例の求刑放棄 被告の供述調書が証拠として採用されず

ざっくり言うと

  • 大阪地裁で26日、常習累犯窃盗罪に問われた被告の論告求刑公判が実施された
  • 被告の供述調書が証拠として採用されず、検察側は異例の求刑放棄
  • 裁判長は「追及されているわけでもないのに自白に至った経緯は唐突」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング