スマホがいくら軽くても、周辺機器が重ければ意味がない? 3in1や2in1アイテムで賢いモバイルライフを

写真拡大 (全2枚)

スマートフォンやタブレットは、ノートパソコンに代わり、モバイル機器の主流となりつつあります。

スマートフォンやタブレットの最大のメリットが、持ち歩く荷物の軽量化です。
ノートパソコンでも軽量・小型化が進んでいるとは言え、バッグに入れて持ち歩くには重く、大きな負担となります。収納するバッグにも、ノートPCが入る大きさと重さに耐える丈夫さが必要となります。

一方、スマートフォンやタブレットであれば、ノートPCのような負担もなく、荷物の削減ができます。

こうしてスマートフォンやタブレットは、荷物の軽量化を実現しました。

しかし、モバイルにとっては、「周辺機器」という問題がまだあります。
スマートフォンやタブレットで、どうしても避けて通れない、必須の周辺機器があります。
それが「充電」グッズです。

モバイル活用するシーンでバッテリー切れは、一番に避けたいアクシデントです。

小型・軽量なスマートフォンやタブレットでも、
バッテリー切れを防ぐ充電グッズを一通り揃えると、結構な量になってしまいます。
・USB充電器
・モバイルバッテリー
・各種の充電ケーブル
と、バッグのポケットが一杯になってしまうほどです。

せっかくのモバイルなので、スマートに使いたい。
そう思う人は、当然、たくさんいます。

そうしたモバイルの周辺機器を減らしたいユーザー向けに、便利なアイテムがリリースされています。

1つのグッズに複数の機能を持たせた商品です。
単体の専用品より機能的には劣りますが、荷物を減らしたいユーザーに便利この上ないアイテムです。


まず、ケーブルです。
iPhoneや、Androidスマートフォンを併用するユーザーは、それぞれのモデルに合わせた充電ケーブルが必要になります。
単純に充電コネクタの規格の分、複数のケーブルを持ち歩かないといけないため、荷物は当然のように増えてしまいますね。

そのようなユーザーにお薦めなのが、3種類のケーブルを1種類にまとめてしまう「3in1 充電ケーブル」です。


3in1 充電ケーブル


こちらは、スマートフォンを充電するコネクタが三又になっています。
コネクタは、
・Lightning端子
USB Type-C端子
・microUSB端子
と3つに分かれています。
充電で送られる電力は分岐してしまうため、低くなりますが、3台同時に充電することも可能です。

注意点としては、充電専用で、データの同期やファイル転送などはできないことです。
パソコンと繋いで、データの移行や、USBモデムとしてスマートフォンの利用は不可となります。

続いて、USB充電器とモバイルバッテリーです。
電源が確保できるシーンでは、USB充電器で充電しますが、移動中などはモバイルバッテリーが必須です。また、モバイルバッテリーの充電が切れてしまうこともあるので、USB充電器でモバイルバッテリーを充電することもあります。
この二つの機器を合体させた製品が「Anker PowerCore Fusion 5000」です。


Anker PowerCore Fusion 5000


この製品は、USB充電器にモバイルバッテリーを搭載させた製品で、コンセントを内蔵しています。
つまり、
・電源コンセントのある場所では、USB充電器として利用できます。
・電源コンセントのない場所では、モバイルバッテリーとして利用できます。
そしてコンセントに挿せば、本体のモバイルバッテリーの充電もされます。
内蔵されているバッテリー容量が5000mAhで、最近のモバイルバッテリーに比べるとやや大きめになりますが、別途にUSB充電器を持ち歩く必要がなくなります。
トータルで見れば、荷物を減らすことができます。

今回ご紹介した 「3in1 充電ケーブル」と 「Anker PowerCore Fusion 5000」を組み合わせれば、外出先や屋外でも、大抵の充電が必要なシーンに対応できます。

バッグにも、この2つならコンパクトに収まります。
日常的に、モバイル機器の充電が必要なユーザーは、充電周辺機器をこのような一体型の機器でコンパクトにまとめることをお勧めします。


伊藤浩一