画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソニーモバイルコミュニケーションズは、スペイン・バルセロナで26日に開幕した世界最大級のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2018」(MWC 2018)において、完全独立型のワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo(エクスペリア イヤー デュオ)」を発表した。

Xperia Ear Duoは、ソニーモバイルが開発を進めてきた「Xperia Ear Open-style CONCEPT」を具現化する完全独立型のワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット。「デュアルリスニングテクノロジー」の導入により、周囲の環境音や会話を聞きながら音楽を聴いたり、通知を受け取ることができるという。ソニーモバイル社内の技術インキュベーション「Future Lab Program」で開発された音導管設計を採用し、左右独立型の完全ワイヤレスでステレオ再生を楽しめる。

また、2016年に発売された「Xperia Ear(エクスペリア イヤー)」と同様、ソニーエージェントテクノロジーによる自然な音声コミュニケーションやヘッドジェスチャーによる直感的な操作で、ハンズフリーで通話やメッセージの送受信などが行える。

対応OSはAndroid 5.0以降/iOS 10以降(iPad非対応)。Android端末ではGoogleアシスタントが、iPhoneではSiriの利用が可能。Bluetooth 4.2 LEを採用し、BluetoothプロファイルはA2DP/AVRCP/HFPとなっている。

本体サイズはW17.5×H59.6×D10.2mm、重さは左右ペアで21.2g。充電ケースはW89×H25×D89mm、重さは76g。カラーはブラックとゴールドの2種を用意。

発売は2018年春となっているが、日本での発売時期および価格は現時点で不明。