J・トーマスの“攻”と“防” 使い慣れたギアが今季2勝目に導いた(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ザ・ホンダ・クラシック 最終日◇25日◇PGAナショナル(7,110ヤード・パー70)>
「ザ・ホンダ・クラシック」は72ホールを終え、トータル8アンダーで首位に並んだルーク・リストとジャスティン・トーマス(ともに米国)がプレーオフに。リストがパーだったのに対し、トーマスが1ホール目でバーディを奪取。昨年10月の「ザ・CJカップ」以来となるシーズン2勝、ツアー通算8勝目を手にした。
【関連写真】ポージングに注目!?タイガーはスライスをこう打つ
72ホール目のティショットを終えた時点では、トーマスは劣勢に立たされていた。飛ばし屋のリストが317ヤードのキャリーを放ち、FWのど真ん中。その後に強振したトーマスのティショットは右ラフにつかまっていた。2打目は深いラフからウェッジで出すだけだったトーマスに対し、リストは難なく2オン。観る誰もがトーマスの負けを覚悟してもおかしくないが、本人は冷静だった。
残り117ヤードの3打目をやさしく打ち出したウェッジショットは、着弾後にピンに寄っていき、カップ右をかすめる。チップインイーグルすら予感させたほどの集中力。このゲームを見たコーチ兼フィッターの筒康博は「トーマス選手は爆発力があることから、超攻撃型の選手に見えますが、実は守りが堅いからこそ、こういったプレーが出来るんです」と指摘。
「使用ギアを見ていても、トーマス選手は自分に合うギアを滅多に替えません。ロングホールのティショットでドライバーを強振できるのも、使い慣れたクラブでこそ出来る芸当。ティショットを曲げても、ウェッジでいつでもバーディが取れるという自信の裏返しだと思います」(筒康博)
トーマスのショット精度は数字にも表れている。「最終ホールで見せた117ヤードのショットも珍しくなく、100〜125ヤードの精度はツアーで12位、50〜125ヤードに拡大しても23位。そして、グリーン周りの10〜20ヤードはべらぼうに上手くてツアー1位です。ここにも使い慣れたギアが影響しているはずで、ツアーでは既に昨季終盤戦からタイトリスト『ボーケイSM7』が配られていますが、トーマス選手は幅狭でバンス大きめの『SM6』と『SM5』のFグラインド中心のセッティングを替えませんからね」(筒康博)
傍目には窮地に陥って見えた72ホール目のティショットも、本人にとっては想定内の出来事だったのか、難なく乗り越えてみせた。昨季は5勝を挙げて年間王者に輝いたが、今季はいずれもプレーオフを制しての2勝。マスターズに向け、持ち味の勢いだけではなく、怖い男が粘り強さをも見せつける。
【ジャスティン・トーマスのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:タイトリスト 917D2(9.5°、ディアマナBF 60/TX)
3W:タイトリスト 917F2(15°)
5W:タイトリスト 915Fd(18°)
4I:タイトリスト718AP2
5I〜9I:タイトリスト718MB
PW:タイトリスト ボーケイSM6 (46°08F)
AW、SW:タイトリスト ボーケイSM5 (52°12F、56°14F)
LW:タイトリスト ボーケイSM6 (60°08K)
PT:タイトリスト スコッティ・キャメロンX5プロト
BALL:タイトリスト PROV1x
<ゴルフ情報ALBA.Net>

ザ・ホンダ・クラシックの最終結果
“T・ウッズのレベル”と“J・トーマスのレベル”【舩越園子コラム】
【記者の目】ジャスティン・トーマスが観客に詰め寄ったのは必然 米ツアーの観戦マナーに問題アリ
「ここまでこれた事を嬉しく思う」タイガーが復帰後初の“60”台でフィニッシュ
タイトリスト『718アイアン』の全6機種の7番を試打 注目の『AP3』の性能は?