画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは2018年2月23日(米国時間)、「Announcing ARCore 1.0 and new updates to Google Lens」において、ARCoreの最新版となる「ARCore 1.0」の提供開始を伝えた。ARCoreはAndroid向けの拡張現実開発キットで、これまでプレビュー版と位置づけられていたが、今回バージョン1.0として公開された。ARCoreを使って開発されたアプリがGoogle Playストアに登録可能になっており、ARを使ったアプリのダウンロード数が増加するものと見られる。

ARCoreはすでに1億台のAndroidスマートフォンで動作しており、サポートされているデバイスの主な機種としてPixel、Pixel XL、Pixel 2、Pixel 2 XL、Galaxy S8、S8+、Note8、S7、S7 edge、LGE V30、V30+ (Android Oのみ)、ASUS Zenfone AR、OnePlus OnePlus 5が挙げられている。また、Samsung、Huawei、LGE、Motorola、ASUS、Xiaomi、HMD/Nokia、ZTE、Sony Mobile、Vivoなどのメーカーから販売される新しいモデルもARCoreに対応していくと説明がある。

あわせて、Googleは今後数週間のうちに、Googleフォトを英語モードで使っているユーにザー対してGoogleレンズの機能を提供すると発表。AndroidとiOSで動作する最新版のバージョンが該当するとしている。GoogleはGoogleレンズの機能改善に継続して取り組んでおり、Googleレンズの機能を取り込んだGoogleフォトは、撮影した写真からこれまでよりも多くの情報を読み取ることが可能になると説明している。