ビデオデッキなどの映像や音源を好きな部分だけダイレクトにデジタル保存

写真拡大 (全2枚)

 PC関連機器のサンワサプライ(岡山市)は、キャプチャー機能付きメディアプレーヤー「400-MEDI028」を発売した。動画や音楽を持ち歩けるだけでなく、ビデオデッキの映像、オーディオ機器の音などの好きな部分を切り出してデジタルデータで保存できる。価格は1万円(税別)。

 使い方はビデオデッキやラジカセなどとケーブル1本でつなぎ、ビデオを見ながら、または音楽を聴きながら、記録したい箇所が始まるところでキャプチャーボタンを押すだけ。録画/録音したデータは本体メモリーまたはmicroSDカードに保存。再生はHDMIでつないだテレビや本体のみでもできる。また、データをパソコンに移し替えれば、パソコンでの再生やスマホへの転送などさまざまな活用できるわけだ。

 リモコンが付属。フル充電で約2時間の連続使用ができる。記録方式は映像がAVI、音声がMP3。サイズ・重量は幅125×厚さ20×奥行62mm・約110g。

 ビデオやカセットのデジタルデータ化や編集は、機材も大掛かりとなるし一般人にはなかなか面倒。それが、思い立ったときにすぐにビデオ、テレビとつないで使え、ビデオに残っている貴重なワンシーンを簡単にデジタルで保存できるのは、たいへん役立つはず。