LINEでの宅急便の再配達の使い方知っています? クロネコヤマトとゆうパックなら超便利

写真拡大 (全5枚)

出かけていて宅配便を受け取れなかった場合、再配達を依頼しなければならない。
最近では、再配達は配送業者の負担となるので、なるべく再配送にならないように配慮している人も多い。

しかし、それでも荷物を受け取れずに再配送になることはある。

現在は、ドライバーに直接電話をかけることもできるようになっているが、夜遅くに帰宅した場合は対応できない。
また、Webからも再配送を依頼できるが、ブラウザを起動して、サイトを開いて、再配達のページへ移動して……と意外と手間がかかる。

実は、LINEを使えば、簡単に再配達を依頼することができる。

LINEで再配送を依頼できるという話しは聞いたことがあるけれど、
「使いがわからない」という人もいるだろう。

そこで、やり方を、おさらいしておこう。

●まずは友だち登録
LINEでの再配達依頼に対応しているのは、ヤマト運輸と郵便局だ。

再配達の依頼は、トークを利用して行われるので、まずはそれぞれの公式アカウント、
・「ヤマト運輸」
・「郵便局[ぽすくま]」
と友だちになろう。

●ヤマト運輸
ヤマト運輸の場合は、クロネコメンバーズに登録する必要がある。
すでに登録している場合は、LINEと連携するだけでOKだ。
再配達を依頼するには、トーク画面の下に表示されているメニューで「再配達依頼」をタップする。




再配達のトークが開始されるので、指示に従って進めよう。
テキスト入力欄を表示するには、左下のアイコンをタップすればいい。




これだけで、あっという間に再配達を依頼できる。

ちなみにヤマト運輸の場合、不在連絡もトークに届くので、外出先でもすぐにそのまま再配達を依頼できる。
うまくいけば帰宅時間に会わせて、当日中に荷物を受け取ることも可能なのがうれしい。

また、荷物によっては、お届け予定の連絡が来るものもある。
受け取り日時の変更等もすぐできるので、もともと不在配達自体を防ぐこともできる。

●ゆうパック
郵便局の「ぽすくま」もだいたいヤマト運輸と操作は同じだ。

トーク画面の下に表示されているメニューで「再配達の申込み」をタップしたら、後は指示に従って進めればOKだ。







Webサイトで再配達を依頼する場合は、
・問い合わせ番号の入力
・日付の設定
・時間の設定
など、いちいちステップを踏んで進まなければならない。
次のページを読み込むのに時間がかかると、イライラも増してしまう。

しかしLINEなら、トーク画面内だけで、まさに友だちと会話するような感覚でさっさと手続きを終えられる。

思った以上に便利なので、利用してみてはどうだろうか。