『R−1ぐらんぷり』ホームページ

写真拡大

いま勢いに乗る「女芸人」が目立っている。3月6日放送の『R−1ぐらんぷり』の決勝では10人中4人が女性となった。昨年12月には、女芸人だけの賞レース『THE W』も開催された。ライターの西森路代さんは、「女芸人はこれまでデブとブスというキャラが過剰に求められてきたが、今変わりつつある。人を傷つける笑いが通用しなくなってきたからこそ、女芸人が目立っているのではないか」と分析する――。

■「R−1」決勝の半数近くが女芸人

いま勢いに乗る「女芸人」が目立っている。3月6日に放送される『R−1ぐらんぷり2018』(フジテレビ系)では、決勝に進んだ10人のうち、カニササレアヤコ、河邑ミク、ゆりやんレトリィバァ、紺野ぶるまの4人が女性だった。

そんな動きを象徴したのが、昨年12月11日に日本テレビ系列で放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』だ。日本テレビは、人気番組の『世界の果てまでイッテQ!』でイモトアヤコをはじめ、多数の女芸人を世に出しており、番組人気を支える要因の1つといってもいいだろう。同時に、ネタ番組としては『エンタの神様』を擁し、いわゆる“キャラ芸人”を多く世に売り出してきた。今回の『THE W』も、そうした“日テレらしさ”を感じる大会になっていた。

■「現役芸人」不在の『THE W』審査員

今や女芸人をテレビで観ない日はないし、テレビや舞台上で男芸人と扱いに差があるのか、疑問を持つ人もいるかもしれない。『THE W』に対して、「わざわざ女性だけ分けて大会をやる意味はあるのか」と疑義を呈している人もいた。私自身は、男女別で大会をやることには反対ではない。「キングオブコント」や「M−1グランプリ」などその他の賞レースでは、毎回審査員がほぼ全員男性であることからも明らかなように、お笑いの世界はずっと男性主導で来ている。その枠組みから離れ、女性のお笑いだけで競い合う試みがあるのはよいと思う。

しかし、そのぶん審査形式については疑問が残った。『THE W』の審査は、ヒロミ、生瀬勝久、新川優愛、吉田沙保里、若槻千夏、柴田理恵という6名の「ゲスト審査員」と、一般公募から選ばれた395名の「一般審査員」によって行われた。つまり、審査員のなかに芸人はヒロミただ1人だったわけだ。賞金は1000万円でほかの賞レースと変わらないし、優勝者は視聴率が合計100%になるまで日テレの番組に出られるという副賞はユニークだ。それだけに、審査員の人選が気になった。ほかの賞レースでは審査員を務めるダウンタウンの松本人志も呼ばれていたが、『THE W』では副音声解説のみで、ジャッジを行うことはなかった。

『THE W』で審査員を務めた人たちは、もちろん真剣にジャッジしていただろう。だが、ほかの賞レースにはある、芸人が芸人をジャッジするときのヒリヒリとした緊張感は薄かった。それは視聴者にも伝わるものだったと思う。

松本人志は後日、自身が出演する『ワイドナショー』(フジテレビ/17年12月17日放送回)で、「大会としてはまだまだ精度を上げていかないといけないでしょうね」と語っていた。これは「女芸人のネタの精度が低い」といっているのではなく、大会自体の意図や審査システムの精度について言っているのだと私は受け取った。

また爆笑問題の田中裕二も、ラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ/17年12月12日放送回)で、「キャラ大会というか。ネタという感じではなかったよね」と語っている。これも、決勝戦に集まった芸人のネタのタイプが多様だったことから、大会としてどこを目指しているのかが曖昧だったという意味だと捉えられる。

ピン芸人、コント、漫才など、ネタをジャッジする番組はたくさんある。今回の『THE W』は、女性であればどんなジャンルのネタもアリだったため、審査する側は難しかったはずだ。だが、大会の狙いが曖昧なうえに、緊張感の少ない審査システムになっていることは、参加する女芸人にとっての不利益のひとつだと感じる。キャラの強い芸人を求めているのなら、そう打ち出せばいい。今後は、審査の仕組みを修正し、大会自体の狙いもより明確にして、女芸人がネタをしっかりやれる環境を整えてほしい。

■「まだまだお笑いは男社会」と大ベテランが言う

女性漫才師のはしりであり、2016年から『女芸人大集合!なんばでどやさ!』というイベントを主催している今くるよは、「今は女芸人も増えてきましたけど、まだまだお笑いは男社会ですから。こうして女の芸人だけのイベントをやろうとしても、いまだに“無理と違うか?”と否定的な意見もあると思います。でも、女芸人たちがきちっとネタをして、お客さんに笑っていただく、時には批判もしていただく場は、今後のために必要なんです」(「週刊女性」17年11月14日号)と語っていた。

女芸人のあり方は、いま変化のさなかにある。森三中の村上知子は、トリオで出演した『ウチくる!?』(フジテレビ/17年7月9日放送回)で「女芸人って、(引用者注:ひと仕事につき)ひと枠ってけっこう言われてるじゃないですか。こうやってそろったり、番組でみんなでいろんな形で成し遂げたり、まさかこんな形で一緒に仕事できるとは思わなかったので、本当に環境が変わって、みんな楽しく仕事ができてるのがうれしくて」と語っていた。

今くるよや村上が言うように、これまでは女芸人の出る枠が限られ、活躍の機会が少なかったことを考えたら、「女芸人」というくくりの大会ができただけでも、現時点では意義があるといえるだろう。それゆえ、今後も議論を重ねて改善しながら続くことを願っている。同時に、賞レースに限らず、「女芸人」でくくって過剰にステレオタイプな役割を担わせるテレビ的演出も、変化していくべきなのではないだろうか。

これは男の芸人にもあてはまるが、パワハラを感じさせるようなコミュニケーションや、身体的な特徴をいじったり、誰かをおとしめたりする笑いから脱却しようとする動きはある。ただ、女芸人がテレビに出ると、「ブス」といじることが笑いの世界の“優しさ”であると勘違いしたやりとりがまだあったり、女芸人同士のモテ・非モテや美醜での序列を見せたがったりする演出もある。なかには、そうしたこれまでのあしき風習を真面目に内面化してしまい、すすんで自虐したり、律義に序列バトルに乗っかったりする役目にはまりがちな女芸人もいる。

■「いじり=愛」を内面化する必要はない

11月29日放送の『1周回って知らない話 旬の女芸人&大物俳優は謎だらけSP』(日本テレビ系)で、尼神インターの誠子がにゃんこスターのアンゴラ村長に「『かわいい芸人出てきた』みたいに言われてますけど、あんた、そないやで」と仕掛けたのに対し、アンゴラ村長が「顔とか生まれとか、変えられないものをさげすむのはちょっとなんか古い」と流したことがツイッターで話題になった。その反応の多くは、アンゴラ村長の意見に賛同するものだった。おとしめあいや、誰かを傷つけてとる笑いを視聴者が求めなくなりつつあるのは、2017年に起こった数々の「炎上」を見ても明らかではないだろうか。

女芸人も、「いじってくれるのは芸人としての愛情」と思いこんだり、その場の空気に応じて求められるがままに同性間でバトルをしかけたり、身体的な特徴を自虐的に扱ったり、そんなことをしなくてもよい時代が、独自のお笑いを追及していく時期が来たのではないだろうか。

2月11日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京、「腐り芸人セラピー後編」)では、若手女芸人のAマッソ・加納愛子が「面白いと思われたいのに、番組アンケートが全部『彼氏いますか』『つきあった人数何人ですか』とかしかない」「イケメンがスタジオに来たときに『キャー!』っていう役割しか求められてない」「デブとブスしか求められてないんですよ、結局」と不満を語っていた。

今まで女芸人のこうしたいじり方は、悪い意味であまりにも自然に行われすぎて、テレビで議論になることすらなかったが、加納のような意見が出てきたことも、女芸人のあり方が変化していっている象徴のように思えた。渡辺直美のポジティブで堂々とした芸や、『THE W』で圧勝したゆりやんレトリィバァのように独自性のあるネタを見ていると、女芸人の世界はもっと広がりを見せると思うのである。

----------

西森 路代(にしもり・みちよ)
フリーライター
1972年、愛媛県生まれ。アジア系エンタメや女性と消費に関するテーマなどを執筆。著書に『Kポップがアジアを制覇する』(原書房)、『女子会2.0』(共著/NHK出版)など。

----------

(フリーライター 西森 路代)