平昌五輪は25日に閉会式が行われた【写真:Getty Images】

写真拡大

平昌五輪が閉幕、韓国紙が「日中、平昌で明暗分かれる」と両国の成果を分析

 平昌五輪は25日、熱戦に幕を下ろした。17日間の冬の祭典で、日本は冬季五輪史上最多となる13個のメダルを獲得。大いに盛り上がった。開催国、韓国メディアは、同じアジアで次回の夏冬五輪が開催される日本と中国の今大会を総括。「日中、平昌で明暗分かれる」と特集している。

 韓国のスポーツ紙「スポーツ朝鮮」は「オリンピックのバトンを受け取った日―中、平昌で明暗が分かれる」と見出しを付けて特集した。

 2020年の東京五輪を行う日本。22年の北京冬季五輪を行う中国。記事では、両国は今回の平昌五輪を行った韓国と同様に力を入れた国家で、「平昌が打ち上げた“東アジアオリンピックリレー”のバトンを受け継ぐ走者たちだ」としている。

 記事によると、「日中共に次回への向けた準備中。今大会の成績を基にブームがさらに高まり、選手団の戦力の評価をする必要がある。しかし、大会を終えた両国の表情は全く違って見え、明暗がはっきりと分かれた」と伝えている。

日本は「明るい表情」、中国は「“表情管理”をしている」と分析

「日本は明るい表情だ」と同紙。金4、銀5、銅4を獲得し、4年前のソチ大会(金1・銀4・銅3)を超え、冬季五輪史上の最多メダル(13個)という成果を出したことを称賛した。

 そして「金メダルの“純度”にも意味を置く姿だった。羽生結弦が66年ぶりに五輪連覇を成し遂げただけでなく、選手団の主将だった小平奈緒が日本女子スピードスケート史上初の金メダルを手にした。氷上だけでなくノルディック複合、スノーボードハーフパイプ、カーリング、モーグルスキー、スキージャンプなど多様な種目でメダルを獲得した」と日本のメダル獲得種目が多岐にわたったことを高く評価している。

 そしてもう一方の中国については「“表情管理”をしている」と分析している。ソチ大会とメダル総数は同じだが、金メダルが2つ減ったことを指摘し、「中国政府が最近、北京冬季五輪を通して冬季スポーツの強国になるために、予算だけでなく関連企業の育成と地方発展を計画するという“命題”まで掲げ、プレッシャーがとても大きくなっている状況である」と伝えている。

“表情管理”とは顔の表情をコントロールすること。中国は今大会で前回よりも成績を落としながらも、平静を装っていると推測した。

 韓国は17個のメダルを獲得。日本と同様、冬季五輪史上最多を更新し、大きな成果を残した。次の五輪を行う日本、中国の今後の展開を含め、注視しているようだ。(THE ANSWER編集部)