知ってた? 余ったパンを冷凍すると、ふわっふわのアレになるんです

写真拡大 (全11枚)

乾燥パン粉よりも衣にボリュームが出て、サクサクした食感になる生パン粉。でも、乾燥パン粉より消費期限が短いため、使い切れなかったことのある方もいるのではないでしょうか? そんな方にオススメしたい方法をご紹介します!


家でかんたんにふわふわの
生パン粉がつくれます


衣がサクサクの食感になり、揚げモノのおいしさがグンとアップする生パン粉。でも、市販の生パン粉は、消費期限が短くなかなか使い切れません……。

そんなときは、お家で使うぶんだけ生パン粉をつくりませんか? 用意するものは冷凍した食パンとおろし金だけ。コツを押さえれば、おいしい生パン粉がつくれちゃうんです! それではさっそく、つくり方やコツをご紹介したいと思います!


手づくり生パン粉には
冷凍食パンを使いましょう


生パン粉は、食パンをおろし金で削ればできるのですが、生の食パンだとぐにゃぐにゃしていて、つぶれてしまい、うまく削ることができません。ポイントは、食パンを冷凍してから削ること。まずは、食パンの冷凍方法から、順を追ってご紹介します。

【/パンをラップで包む】



つぶさない程度の強さで、食パンを1枚ずつラップで包みます。このとき、ラップからパンがはみ出ないように注意しましょう。

【▲侫蝓璽供璽丱奪阿貌れる】



食パンをフリーザーバッグに入れて空気を抜き、1日以上を目安に冷凍します。

【 おろし金で削る】



冷凍食パンを、使う分だけおろし金で削ります。軽い力で、角から削ると楽チン。でも、すぐに解凍されちゃうので、素早く一気に削りましょう!



できあがり! ふわふわのパン粉になりました。



ちなみに、生の食パンを削ろうとすると、ぐにゃぐにゃとつぶれるだけで、うまく削れません……。



必要な分だけ削って残った食パンは、溶けていなければ再び冷凍できます。ただし、生パン粉の再冷凍は、風味が格段に落ちてしまうのでNG! 削った分は、1回で使い切りましょう。

この手づくり生パン粉は、揚げモノだけではなく、いろいろなお料理に使えます。いくつかご紹介します。


パスタやフレンチトースト
幅が広がる生パン粉


この手づくり生パン粉は、揚げモノを格段においしくしてくれますが、じつはそれだけじゃないんです。意外な使い方で、おいしいお料理に大変身! ぜひお試しください。

【.リカリパン粉のパスタ】



つくった生パン粉をカリカリに炒めて……



パスタの具材にパン粉とちりめんじゃこを絡めます。パン粉がアクセントになり、楽しい食感になりますよ。

【⇒箸欧覆ぅ悒襯掘璽灰蹈奪院



カロリーが気になるコロッケをヘルシーに。コロッケのタネに、上記の手順でつくったカリカリパン粉をのせてオーブンで焼くだけ。アツアツをスプーンですくって食べましょう。

【C罎泙任靴辰箸蝓▲侫譽鵐船函璽好班】



フレンチトーストは、たまご液の浸透に時間がかかりますよね。でも、生パン粉でつくれば、中まですぐに染み染みに! 手間要らずで、すぐに食べられますよ。

食パンを冷凍するだけでつくれちゃう生パン粉。必要な分だけすりおろせば余ることもなく、とても経済的。家にあるおろし金でつくれるので、ぜひお試しくださいね!



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。