検察に出頭した金章洙氏=26日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大 (全5枚)

【ソウル聯合ニュース】2014年4月に韓国南西部の珍島沖で起きた旅客船セウォル号沈没事故当日に朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時)が最初に事故の報告を受けた時刻などが改ざんされたとの疑惑を巡り、ソウル中央地検は26日、金章洙(キム・ジャンス)元青瓦台(大統領府)国家安保室長を容疑者として出頭させ、取り調べを始めた。

 検察に出頭した金氏は報道陣に対し、取り調べに誠実に応じると述べた。報告時刻の改ざんに朴槿恵氏の指示があったのかとの質問には「そのような指示をなぜするのか」と否定した。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後の昨年10月、青瓦台はセウォル号事故の発生を報告した時刻が改ざんされたほか、国家危機管理の基本指針が無断で変更されていたと明らかにし、金氏と金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長、金寛鎮(キム・グァンジン)前国家安保室長らについて公文書偽造、職権乱用などの容疑で検察に捜査を依頼した。

 青瓦台によると、朴槿恵政権で青瓦台と国家安保室がセウォル号事故の発生を朴氏に最初に報告した時刻は事故当日の午前9時半だったが、半年後に作り直した報告日誌では同日午前10時に変更した。青瓦台は「報告時間を30分遅くしたのは、報告を受けた時間と大統領が最初に指示を出した時間との間隔を狭める意図だったと判断せざるを得ない」と説明していた。

 検察は取り調べの結果によっては、金章洙氏の逮捕状の請求も検討する予定だ。