画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●重要部検査と全般検査を担当している深川工場

2018年2月19日、東京メトロ深川工場のメディアツアーが行われた。そこで取材してきた話を基に、地下鉄車両の検修現場において「安全」や「業務効率化」などの課題をどのような形で解決しているかについて、紹介しよう。

○深川工場でやっていること

深川工場は東京都の江東区、東京メトロ東西線の東陽町駅から徒歩10分ほど南下した場所にある。ここに「深川検車区」と「深川工場」があり、それぞれ異なるレベルで車両の検修業務を実施している。

深川検車区は、営業運転を終えた車両の留置や清掃、そして列車検査、月検査、車両の入出庫を担当している。留置可能な車両は300両(30編成)だが、東西線には510両(51編成)の車両があり、深川だけでは収容できないため、妙典にも車両基地が設けられている。

列車検査は10日を超えない範囲で実施するもので、消耗品や電車の主要部分を対象として検査を実施する。状況によっては、消耗品の交換を行う場合もある。

月検査は3カ月を超えない範囲で実施するもので、電車の状態や機能に関する検査や消耗品の交換を実施する。列車検査と似たような検査に見えるが、外から見て確認するか、機能の動作確認を行うか、という違いがある。

どちらにしても、検車区で行う検査は在姿状態、つまり分解を伴わない、そのままの状態で実施する。作業内容は大がかりではないが、回数は多いし、深夜の入庫に対処したり早朝の出庫に間に合わせたりするための夜間勤務もある。

これに対し、深川工場は重要部検査と全般検査を担当している。重要部検査は4年を超えない範囲、あるいは走行60万kmを超えない範囲で実施するもので、主電動機を初めとする動力関連機器、台車のような走行装置、ブレーキなどといった重要な装置について、入念な検査を実施する。

全般検査はさらに、車体や内装品まで対象を拡大して,車両全般を対象とする分解検査を実施する。深川工場の場合、10両編成・1編成にかける時間は27〜28日とのこと。51編成の車両が8年以内に全般検査を受けるから、毎年、7編成は実施している計算になる。

工場で行う検査は機器の取り外しや分解を伴う検査である。全般検査の場合、入場した電車は1両ずつ切り離して、まず内装品を取り外す。続いて台車抜きを行い、抜かれた台車は専門の検修場に送られる。台車を抜かれた電車は動けなくなってしまうので、ウマに載せて、その状態で床下機器を取り外す。外された機器はそれぞれ専門の検修場に送られる。

車体や内装、あるいは取り外しを行わない機器は、ウマに載せられた状態で検修を行う。新幹線の全般検査みたいに、車体が工場の中を行ったり来たりすることはない。

すべての検査工程を取材したわけではないが、取材した作業を「安全」「効率化」などの見地から眺めてみよう。

●安全のための配慮いろいろ

工場の床を見ると、色分けや白線による通路の標記がなされている。検修の対象になる車両や台車などが行き来したり、頭上をクレーンが動いていたりするから、そういう場所に入り込むと危ない。それを視覚的に認識させるための工夫である。車両整備工場に限らず、メーカーの工場でも一般的に行われていることだ。

車両が工場に入場する際には自走せず、移動機を使って押し込む(建屋の中には架線が来ていないので、そもそも自走ができない)。移動機は車両を後ろから押しているので、運転する担当者からは車両の前方が見えない。そこで、車両の前方を見渡せる場所に誘導担当者が立って、旗を振りながら「前進」「停止」の合図を送っている。

また、押し込まれる車両の前側に当たる妻面に回転灯を設置して、周囲に警戒を促している。この回転灯は可搬式で、用が済んだらひょいと持ち去られてしまう。

台車抜きの際は、門型クレーンを使用する。最初から一気にクレーンで車体を持ち上げるような乱暴な真似はしないで、まず少しだけ持ち上げて問題がないかどうかを確認してから一気に上げる。事前に台車と車体をつないでいる配線・配管などは切り離してあるが、万が一ということもあるので、切り離し漏れがないかどうか注意を払っているという。もしも切り離し漏れがあると、車体と一緒に台車が持ち上げられてしまって事故の元だ。

ちなみに、車両を台車抜きを行う場所に押し込んでから、1両の台車抜きを実施してウマに載せるまでの所要時間は20〜25分程度だった。ということは、10両編成すべての台車抜きを一気に行っても、半日ぐらいあれば済みそうだ。もっとも、その前に内装品の取り外しを行ったり、車両と車両の間を渡してあるケーブル類を切り離したり、といった作業も必要になるが。

車体がクレーンで持ち上げられて運び去られると、台車だけが残る。続いて、台車を検修場に送って主電動機を取り外すための下準備として、主電動機と減速歯車装置の連結を解く作業が行われる。

その作業の際に台車が勝手に走り出したら事故の元だから、ちゃんと手歯止(別名ハンドスコッチ。要するに輪止め)をかますようにしている。台車抜きの時もそうだが、台車を止めて作業を行う時は、短時間でもちゃんと手歯止をかます。これが重要である。

このほか、すでに台車を抜かれてウマに載せられた状態の車両を見ていて目を引いたのが、屋根に載せられた囲いだった。空調機器は取り付けた状態のまま検査しているようで、その作業の際に足場を確保するとともに転落を防止するための囲いである。

ここまで、安全を確保するための対策を紹介してきたが、後編では、効率化のための対策を紹介しよう。