ビジネスで、名刺交換の瞬間はその人の印象を伝える大切な場でもあります。しかし、実際どれだけの方が名刺交換の方法について気を使っているのでしょうか?急いでいる営業マンほど、名刺交換を急いで行なってすぐに話をしようとします。しかし、名刺交換を丁寧にすることで、自分の印象をグッとより良く相手に与えることができるようになります。

今回は、ビジネスでスグに使える「印象を良くみせる、名刺交換マナー」をご紹介したいと思います。

名刺交換は、自己紹介とセットで行なう

名刺交換と自己紹介を手短に行なう方法として、この2つはセットで行なうようにしましょう。名刺を渡す時は、「会社名」「部署名」「名前」を相手に伝えながら渡します。伝え方は「いつもお世話になっております。○○会社、○○部の○○(名前)と申します。本日はお世話になります。」と相手の目を見て伝えるようにしましょう。伝えた後は、お辞儀をして両手で名刺を渡します。渡す時は、指で文字が隠れないように注意しましょう。

もし、部下や先輩と一緒に挨拶周りをする時は「立場が一番下(その中で一番部下の立場)」の人から先に名刺を渡すのがマナーです。名刺は、両手で胸の高さに持って相手の胸の高さに渡すようにします。

小さなことですが、これが大事なんですよ。

名刺交換で注意すべきポイント

名刺を交換する時は、必ず立って行うようにしましょう。また、貰った名刺は名刺入れに入れるようにしましょう。名刺を受け取る時は「頂戴いたします」といって両手で受け取るように。もし、貰った名刺の名前の漢字が読めない(難しい漢字など)時は、「○○(相手の名前の確認)様ですよね?」と確認しておくと、後々名前を間違えるような失礼もないので良いでしょう。

先方が目上の場合は、相手の方が自身の名刺に手をかけたら、左手を外し、右手だけで相手に渡すようにします。そして、外した左手で相手の名刺をすぐに受け取るようにしましょう。

もちろん、名刺は同時交換で行なうこともありますよね?そういった場合は、名刺入れの上に自分の名刺を置いて、名刺の正面が相手に向くようにしましょう。複数の相手と名刺交換した場合は、名刺入れの上におくのではなく、席順か左から職位の高い順に名刺を並べ、名刺を並べた列の右下に名刺入れを置くようにして下さい。

ビジネスで好かれる名刺交換マナーまとめ

名刺交換は、時間としては一瞬かもしれませんが少しの仕草で相手に与える印象が大きく変わります。そういう意味でも、名刺交換のマナーを気をつけることは大切です。

また、渡す名刺も両手、頂いた名刺も両手で受け取るように気をつけましょう。くれぐれも片手で受取り、「裏には何が書いてあるの?」と本人の目の前で不思議そうな顔をして何度も見るような仕草をするのは失礼にあたるのでやめましょう。

基本的に名刺は常に切らさないようにして、渡す前には「名刺が汚れていないか?折れていないか?」をチェックしておきましょう。名刺印刷は、企業によって注文してどれくらいで作れるか(自社印刷か他者依頼かでも変わってきますが)異なります。事前に、総務に「名刺を注文したらどれくらいでできるんですか?」と確認してから注文しておくといいですね。

最近は名刺にプロフィール情報などを印刷している会社もある。こういうネタで、「つかみ」はOK!ただし、堅い会社にはNG。