【知らなかった!】白菜は「内側から」食べると最後までおいしく味わえる☆

写真拡大 (全4枚)

白菜のおいしさが最大化する食べ方をご存知ですか?実は白菜って、内側から食べることで、最後までおいしく楽しめる野菜だったのです!そのワケには、栄養が関係しているんですよ。

栄養は外側から内側へ送られる


では、解説しましょう。

白菜は、外側から内側へ栄養を届けます。したがって、内側から食べることで、外側から内側へ栄養を届ける必要がなくなるんです。

つまり、外側に栄養や旨味がとどまるので、最後までおいしく味わえるというワケ。内側の柔らかくて甘い部分を新鮮なうちに味わえるといった利点もあります。

おおっ、これは驚きの事実!


白菜がおいしく甘くなる方法。

by kookuro

白菜ってずっと中心部のやわらかくて部分食べてたいですよね。
白菜の特性を利用してそれを実現できる方法です。

根元に包丁を入れるのがコツ


内側の葉をもぎ取るよりも、根元に包丁を入れることで、取り出しやすくなりますよ。


実際に試した人も絶賛!


「最後までおいしくいただけました♪」「もう我が家では定番になっています☆」「白菜にそんな特性があったとは!」など、つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポートのこと)でも好評の食べ方なのです。


意外と知らなかった、白菜にまつわる驚愕の事実。今まで外側から食べていた人も、次回からは絶対に内側から。白菜をじっくりと使えるので、おいしい白菜料理の出番が増えますよ!(TEXT:八幡啓司)

参考文献
・『「おいしい!」を解き明かす 料理と栄養の科学』(新星出版社)