豊田章男社長

写真拡大

 トヨタ自動車は名古屋市内で取引先の首脳らを集めた「グローバル仕入先総会」を開いた。国内外の仕入れ先約480社の約790人とトヨタの幹部ら約80人の合計約870人が出席した。

 豊田章男社長は「今、トヨタ自身が変化に立ち向かい、血のにじむ努力をする姿を見せないと信用されない」と強調。その上で「チームメートである仕入れ先様も変化に生き抜く闘う姿勢を見せてくれなければ本当の信頼関係は生まれない」と訴えた。

 調達担当の西村祐常務役員は総会後に報道陣の取材に応じ、「仕入れ先様はトヨタ以上にトヨタのことを知り、トヨタ以上にトヨタと競合メーカーとの違いを知っている。その知見を取り入れたい」と協力深化を説いた。