暁星高校版「ちはやふる」、全国9連覇した強さの源泉

写真拡大

 小倉百人一首を用いて行う「競技かるた」。“優雅で文化的なもの”というイメージがあるが、競技スポーツと同じく個人の力とチームワークを高めることが、好成績を収めるカギを握る。暁星高校(東京都千代田区)競技かるた部は“かるたの甲子園”と言われ、地区予選を含めて300校が参加する「全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会」で08年から16年まで9連覇を達成した強豪校だ。顧問を務める田口貴志教諭も一流選手の称号である「A級ライセンス」を保有する。名将でもあり名選手でもあるが、その指導方針は入門者や競技レベルが発展段階の部員に寄り添う“弱者の視点に立つ”という意外なもの。輝かしい実績を残す組織の運営と人材育成は、日頃どのように行われているのか。その指導方法に迫った。

独自のエッセンスで暗記の壁を突破
 ─競技かるたについて教えてください。
 田口「競技者が1対1で向かい合い、小倉百人一首の和歌の下の句が書かれた取り札をそれぞれが自陣を3段に分けて25枚並べます。そして、15分間、自分の陣地と相手の陣地の札の位置を覚えて試合を開始。読み上げられた和歌の取り札を取ります。相手の陣地の札を取ったら、自分の陣地の札を1枚、相手の陣地に送ります。自分の陣地の札をなくした方が勝ちです」

 ─競技かるたの醍醐味とは。
 田口「独特の緊張感が張り詰めるなかで、読み上げられた瞬間に反応して相手より素早く札を取ることが1番の醍醐味です。聴覚・視覚・反射神経をフルに使い、『払い手』と呼ばれる札を飛ばすテクニックも必要になります。また、試合中は正座なので肉体的にも過酷です。心技体を常に整えていなければなりません。1つの試合は約80分かかり、終わると疲労困憊です。小倉百人一首の教養的要素や文化的なイメージから優雅なものに思われがちですが、同時にスポーツの要素を合わせ持った競技と言えます」

 「平日の練習では、試合形式の対戦を2回行うことが基本です。休日は最長9時間の練習をすることもあります。和歌の暗記も最初は大変かもしれませんが、効率良く覚えられる独自の方法を考えて、競技かるたを『楽しい』『好き』と思ってもらうようにしています。この2つの思いはどんな困難も乗り越える最大の原動力です。数ある部活動のなかから、競技かるた部を選んでもらったわけですから、まずは生徒に好きになってもらうこと、そのためには楽しさを感じてもらうことを重視しています」

─2つの思いを感じてもらうためにどんな工夫をしていますか。
 田口「新入部員でも入部初日からかるたを取ります。そのため、札を取るためのエッセンスを詰め込んだ「40枚かるた」を用いて指導しています。札が取れれば競技かるたが楽しくなりますし、楽しくなれば好きになるのにはそんなに時間はかかりません」

 「40枚かるたの基本的な考え方は、特徴的な札から覚え、まずはその覚えた札を確実に取るというシンプルなものです。やるべき最低限のことをしっかりやりきるということでもあります。暗記は競技かるたに取り組むためには必要なことですが、この方法で壁を乗り越えています」

 ─具体的な方法は。
 田口「40枚の選定は「決まり字」を基準にしています。決まり字とは、その歌の上の句を最初から読んでいき、その文字が読まれたらその歌がどの一首なのか判別がつく文字のことです。『む』『す』『め』『ふ』『さ』『ほ』『せ』で始まる和歌は、それぞれ1首だけの『1字決まり』なので、この7首をまず選びました」

 「また、『う』『つ』『し』『も』『ゆ』で始まり、2文字目が決まり字となる『2字決まり』は、それぞれ2枚ずつあるので、この10首も入れる、というように選定しました」