Image: Marques Brownlee/YouTube

より人の目に近く。

本日発表されたSamsung(サムスン)の新型スマートフォン「Galaxy S9/S9+」ではティザー画像が示唆していたように、カメラ機能の進化が特徴。この記事では、その進化をまとめます!

Image: Samsung/YouTube

まずGalaxy S9/S9+にはどちらにも1200万画素のカメラが搭載されているのですが、その最大の特徴となるのがS9に搭載された、絞り(F値)を1.5と2.4から切り替えられる「デュアル・アパチャー」システムです(トップ画像、S9+は広角側に搭載)。これにより、明るい場所ではF2.4で撮影して背景を写真に収めたり、暗い場所ではF1.5で撮影して明るさを確保できるんです。

カメラセンサーにはDRAM(メモリ)が積層され4倍のピクセル処理が可能に。これはXperia XZ1などに搭載されているメモリ積層型の「Exmor RS for mobile」と同じようなセンサーですね。このセンサーにより、暗所下での撮影でもノイズを抑え、撮影品質を向上させています。

Image: Samsung/YouTube

メモリ積層型センサーのおかげで、スーパー・スローモーション撮影ができるのもGalaxy S9/S9+の特徴。960fpsの高速撮影で、とっておきの瞬間をさらにダイナミックに捉えることができます。このスローモーション撮影では0.2秒間を30fpsの6秒間の動画として収められるのですが、カメラが自動で最適な瞬間を判断して撮影するので使いやすそう。

Image: Samsung/YouTube

最後にGalaxy S9+には背面にデュアルカメラを搭載。Sシリーズでは初となります。

このカメラはどちらも光学手ブレ補正に対応しており、動画でも静止画でも安定した撮影が可能。もちろん2倍ズームにも対応します。この機能、Galaxy S9にも搭載されれば最高だったんですけどね。

というわけで、基本的な撮影機能にさらに磨きをかけてきたGalaxy S9/S9+のカメラ。今後は実際の撮影例なども公開されると思いますが、その撮影品質にもぜひ注目したいと思います。

Galaxy S9/S9+の全情報をご案内

ここまでで分かったこと全部!本日、MWC 2018にてSamsung(サムスン)の新しいフラグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy ...
https://www.gizmodo.jp/2018/02/galaxy-s9-info-directory.html


Image: YouTube(1, 2)
Source: YouTube, Gizmodo US

(塚本直樹)