-保険プランニング-

そのとき、人間の本性を垣間見ることになる。

その人に適した保険を設計するには、人生計画、金銭事情、価値観、そして家族や異性関係についても…様々なヒアリングを重ねる必要があるからだ。

三上保(みかみ・たもつ/30歳)は、外資系保険会社の保険プランナー。

東京のアッパーな男女を数多く顧客にもつ彼は、順調に成績を伸ばし、トップセールスマンとしての地位を確立している。

しかし表からは知る由もない男女の本性を目撃するたび、「結婚は最大のリスクである」と考えを拗らせていくのだった。




保の日課


午前7時半。

保は青山の自宅マンションを出ると、扉の鍵がかかっていることを、2回、確認した。

これは、保の日課である。

学生時代に短期留学していたロンドンで盗難被害にあって以来、戸締りには念には念を入れておかないと気が済まなくなってしまった。

革靴の音を響かせてエントランスを通り過ぎ、自動ドアを抜ける。その瞬間…ふいに後ろ髪を引かれて、保は「しまった」と声を出した。

保険プランナーの給与システムはコミッション・セールス。つまり、結果が全てだ。

そのため保は“習慣”や“験担ぎ”にやや神経質なほど気を使っており、保険プランナーに転職してから1年半、毎日欠かさず神棚に手を合わせているのである。

しかし今朝はあろうことか、その大切な習慣を失念してしまったのだ。

-まずい。今日は嫌な予感がするぞ…。

まだ寒さ厳しい2月の朝。

保はブルっと身震いをし、気を取り直すようにしてスタンドカラーコートの襟を正すと、足早に駅へと道を急いだ。


嫌な予感、的中。保険プランナーにとってダメージMAXの事態が発生...!


幸せそうな夫妻


「嘘だろ…」

赤坂のオフィスに到着した保は、コールセンターからの新着メールに絶句した。

-早期解約通知-

文字を見るだけで、息苦しい。それは、保険プランナーにとってダメージMAXの緊急事態なのである。

契約後何年も経たぬうちに解約となった場合、支払われているコミッションの殆どを、払い戻さねばならないのだ。

解約が入ったのは、佐田夫妻。保のチームリーダーである近藤から半年前に紹介され、ドル建の積立保険を契約した夫婦だ。

-まさか、本当に近藤さんの言ってた通りになるとは…。

保は瀕死のダメージに狼狽しながらも、近藤の直感に感心せざるを得なかった。

そう、実は近藤は契約時に、佐田夫妻の早期解約を予言していたのである。



-半年前-

「ラグビー部時代の後輩の、会社同期なんだ。紹介するから三上の担当で頼むよ」

チームリーダーの近藤はそう言って、やたら白い歯を保に向けた。

近藤は基本的に個人契約を担当しない。彼が率先して契約するのは、契約単価が桁違いの、法人契約だけ。わかりやすく拝金主義な男である。

しかし一方で近藤という男は情に厚く、抜群の千里眼を持つ。そして何より人を惹きつけるカリスマ性があった。

保が、それまで勤めていたメガバンクを辞めて保険プランナーとなったのも、早稲田大学の先輩で、卒業後も何かと可愛がってくれていた近藤から「三上なら必ず成功する」と熱烈にスカウトされたからに他ならない。

そして実際、明晰な頭脳、柔らかな物腰、誰とでもすぐに打ち解けられる性格が保険営業に向いていたのだろう、保は2年目にして早くもMDRT(Million Dollar Round Table:世界中の生命保険業界トップセールスマンで構成される組織)の入会資格を得るまでとなっていた。




「夫の佐田勲さんは32歳で物産勤務。前回の顔合わせで積立保険を希望と言っていたから、まずは松プランで提案しよう」

大手町の『ザ・ラウンジBYアマン』で仕事帰りに落ち合うことになっている佐田夫妻の到着を待ちながら、近藤は不敵な笑みを浮かべていた。

「先日はどうも。こちらが私の部下で、佐田さんの担当をさせていただく三上です」

近藤に促され、保は佐田夫妻に頭を下げた。

夫の佐田勲は、実にエリートらしい凛とした佇まい。損保OLだという妻は白いファー付きのコートを小脇に抱え、愛おしそうに夫を見上げて微笑んでいる。

-俺にもこんな可愛らしい妻がいたら、仕事にもさらに精が出るだろうか...。

新婚カップルが放つ幸せオーラを全身に浴び、保が柄にもない感想を抱いたのは、しかし最初の1分だけだった。

「どうぞ、お掛け下さい」

近藤がそう促した次の瞬間、保は我が目を疑った。

夫の後を追うようにして着席した妻は、何の迷いもなく自然な振る舞いで、隣に座る夫に腕を絡めたのだ。そして、ほとんどもたれかかるような格好で、ぴったりと身体を寄せて甘えている。

保険の商談の場であるにも関わらず、である。

おそらく佐田夫妻にとっては、至って普通の光景なのだろう。

夫の佐田勲も妻の行動を特に気にする様子はなく、むしろ妻を愛おしそうに見つめながら、近藤の提案に頷いている。

保は「気にしない、気にしない」と自分に言い聞かせるが、見ているこっちが恥ずかしくなってしまい、どうにも居心地が悪い。

-いい大人が、人前でベタベタしすぎだろ…。

苦笑いを浮かべながらこの場をやり過ごしていると、近藤がクロージングに入る気配を見せた。

保も、姿勢を正して先輩のプレゼンを見守る。

すると、想定外のことが起きた。

近藤は当初予定していた“松プラン”ではなく、その半額近い“梅プラン”を勧め始めたのだ。


ラブラブすぎる佐田夫妻に、近藤が半額プランを勧めたワケ


近藤の直感



「近藤さん、どうして安い“梅プラン”でクロージングしたんですか?」

商談を終えた、帰り道。

メトロに向かう地下通路を歩きながら、保はどうにも納得いかぬ声色で尋ねた。

近藤先輩ともあろう人が、まさか契約しやすい低額プランにヒヨるなんて。

すると近藤は、間髪入れずにこう断言した。

「あの二人、絶対に離婚するよ」

「え!?」

佐田夫妻が、離婚?

あんなに仲睦まじく、ラブラブっぷりを恥ずかしげもなく見せつけていた、あの二人が?

「ああ。過去、数々の新婚カップルを見てきた俺が言うんだから間違いないね。あんな風に、ラブラブすぎる夫婦は要注意なんだよ。周りが見えていない、つまり正常な判断能力を失ってるってことだから。

今は脳内お花畑状態で“あばたもえくぼ”なんだろうけど、結婚は現実。そのうち夢から醒めた時が、恐ろしいよ。

今回の保険は夫婦の貯蓄が目的だったし、“松プラン”で契約したら、離婚で早期解約されちゃった時にダメージでかいだろ?」




あんなにラブラブだったのに...


「ああ、三上さん。この度はすみません…」

ようやく繋がった電話越しに聞く佐田勲の声は、半年前とは別人のように暗かった。

「いえ…あの、解約通知が届いていたものですから。いかがされましたか?」

保は平静を装い、できる限り穏やかな声になるよう努める。

しかし数秒の沈黙の後、佐田が告げたセリフには、驚愕せずにいられなかった。

「実は、お恥ずかしい話ですが…妻と離婚しまして」

「え!!」

-あの二人、絶対に離婚するよ。

保の脳裏に、半年前の近藤の言葉が蘇る。

あんなに幸せいっぱいに見えた二人に、一体何があったというのか。いや、近藤の言う通り、あのラブラブだった二人は、ただ熱に浮かされ正常な判断能力を失っていただけだったのか。

「そう…でしたか。いえ、お気になさらず」

保は失礼のないよう、通り一遍の労わりの言葉を告げて電話を切った。

-ラブラブすぎるカップルは要注意、だな...。

消えない早期解約の現実を噛み締め、心にメモを取る。

保険プランナーの仕事をしていると、こんな風に、知る必要のない夫婦の表と裏を、日常的に目撃してしまう。

その度に、保は自らの考えを確信へと変えていくのだった。

「やはり結婚は、最大のリスクだ」と。

▶NEXT:3月5日 月曜更新予定
アンチ結婚の保。しかし、ついに好みど真ん中の美女に出会ってしまう!