画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●18.5:9の縦長ディスプレイ、4色カラバリで登場

サムスン電子は、MWC 2018開催に合わせて発表会イベント「Galaxy Unpacked 2018」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」の2製品を発表しました。現在、発表会開催中ですが、速報として簡単な製品概要と、実機写真を紹介します。

○前モデルと同じ18.5:9の縦長湾曲ディスプレイ

Galaxy S9およびGalaxy S9+は、現行フラッグシップモデルのGalaxy S8とS8+の後継に位置付けられる製品です。ディスプレイには、従来モデルから引き続き、左右両端が曲面となっている「Infinity Display」を採用しています。

ディスプレイの種類はSuper AMOREDで、アスペクトが18.5:9、サイズはS9が5.8型、S9+が6.2型、表示解像度はどちらも1,440×2,460ドットと、ディスプレイの仕様も従来から変わっていません。ただ、本体サイズは、S9が147.7×68.7×8.5mm、S9+が158.1×73.8×8.5mmとなっていて、従来よりも高さがわずかに低くなった反面、厚さが増えています。重量は、S9が163g、S9+が189gとなります。ボディカラーは、Midnight Black、Coral Blue、Lilac Purple、Titanium Grayの4色をラインナップします。

○Galaxy S9+

●カメラも進化。明るいレンズとスーパースロー撮影

進化点のひとつがカメラ機能です。リアに搭載されるメインカメラは、S9がシングルレンズ仕様、S9+が広角と望遠のデュアルレンズ仕様となる点は従来と同じで、撮像素子の画素数も1,200万画素となっていますが、メモリーを内蔵する最新のデュアルピクセルイメージセンサーを採用することで、処理能力が従来よりも4倍高速となっています。それによって、960fpsのスーパースローモーション撮影に新たに対応しています(解像度はHD)。しかも、動くものを自動的に捉えて最適なタイミングでスローモーション撮影が行える機能も搭載していますので、失敗なくスローモーション撮影が可能とのことです。

また、F1.5の非常に明るいレンズ(S8+の望遠側はF2.4)を採用しているので、暗い場所でも鮮やかな写真が撮できます。合わせて、最大12枚の写真を合成することでノイズの低減効果も高められています。

○Galaxy S9+

しかも、スマートフォンのカメラとしては珍しく、物理的な絞り機構を搭載し、明るい場所ではF2.4、暗い場所ではF1.5と自動的に絞り値が変更されます。もちろん光学手ブレ補正にも対応(S9+では、2つのレンズ双方とも対応)していますので、どういった場面でも鮮やかな写真が撮れるとしています。

この他、自分そっくりのアバターを作成できる「AR Emoji」機能や、ハート型や音符型のボケ加工が行える「Art Boche」機能なども搭載しています。

フロントカメラは、従来同様の800万画素カメラですが、背景ぼかし機能やスマートAF機能に対応しています。

ところで、背面レイアウトですが、レンズや指紋認証センサーの配置が変更されました。指紋認証センサーはS9、S9+ともにレンズの下に配置されます。また、S9+では縦に2つのレンズが並んで配置されています。従来モデルでは、指紋認証センサーを触るときにレンズも触ってしまうという問題がありましたが、配置が見なおされたことで改善しました。

●虹彩認証/顔認証を組み合わせた新セキュリティ

セキュリティ機能としては、背面の指紋認証センサーと、ディスプレイ上部の虹彩認証センサー、インカメラを使った顔認証と、従来と同じ3種類を搭載しています。ただ、S9/S9+では、虹彩認証機能と顔認証機能を組み合わせて同時に認証を行う「Intelligent Scan」という機能が新たに搭載されました。明るい場所に弱い虹彩認証と暗い場所に弱い顔認証の欠点を補うとともに、安全性も高められるとしています。

また、指紋認証機能も強化されていて、指紋登録時に指をスワイプすることで簡単かつ素早く登録できるようになりました。指紋登録時の煩雑さが改善されたことで、積極的に使えるようになったと言えるでしょう。

○大音量ステレオスピーカーを搭載

S9およびS9+には、新たにステレオスピーカーが搭載されます。このステレオスピーカーは、オーディオブランド「AKG」がチューニングを施した高音質なもので、従来と比べて約1.4倍の大音量で再生できるとされています。また、Dolbyのバーチャルサラウンド機能「Dolby Atmos」にも対応していますので、映画なども迫力のサウンドで楽しめます。

この他、製品には同じくAKGがチューニングを行ったハイレゾ対応イヤホンも付属します。

○SoCはExynos 9810またはSnapdragon 845を搭載

では、現時点で判明しているスペックを紹介します。SoCは、Exynos 9810またはSnapdragon 845を搭載し、メモリはS9が4GB、S9+が6GB搭載となります。内蔵ストレージは64/128/256GBをラインナップ。また、外部メモリーとして最大400GBのmicroSDカードも利用可能です。LTE通信時のデータ通信速度は、下り最大1.2Gbps。IP68準拠の防水防塵仕様にも対応しています。内蔵バッテリー容量は、S9が3,000mAh、S9+が3,500mAhとなります。

○Galaxy S9の主なスペック

CPU: Exynos 9810またはSnapdragon 845

ストレージ: 64/128/256GB

外部ストレージ: microSD 最大400GB

ディスプレイ: 5.8型 SuperAMOLED

ディスプレイ解像度: 1,440×2,460ピクセル

メインカメラ: 1,200万画素/F1.5

サブカメラ: 800万画素/F1.7

バッテリー容量: 3,000mAh

LTE通信速度: LTE Cat.18対応、受信時最大1.2Gbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth: 5.0

インタフェース: USB Type-C

GPS: GPS/Galileo/Glonass/BDS

NFC: 対応

防水・防塵: IP68

サイズ: 68.7×147.7×8.5mm

重量: 163g

カラー: Midnight Black、Coral Blue、Lilac Purple、Titanium Gray

○Galaxy S9+の主なスペック

CPU: Exynos 9810またはSnapdragon 845

ストレージ: 64/128/256GB

外部ストレージ: microSD 最大400GB

ディスプレイ: 6.2型 SuperAMOLED

ディスプレイ解像度:1,440×2,460ピクセル

メインカメラ: 1,200万画素/F1.5(広角)+1,200万画素/F2.4(望遠)

サブカメラ: 800万画素/F1.7

バッテリー容量: 3,500mAh

LTE通信速度: LTE Cat.18対応、受信時最大1.2Gbps

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n/ac

Bluetooth: 5.0

インタフェース: USB Type-C

GPS: GPS/Galileo/Glonass/BDS

NFC: 対応

防水・防塵:IP68

サイズ: 73.8×158.1×8.5mm

重量: 189g

カラー: Midnight Black、Coral Blue、Lilac Purple、Titanium Gray