■星野リゾート 磐梯山温泉ホテル(後篇)

 日本の地方の魅力を掘り起こし、プロデュースすることで日本の観光に一石を投じてきた星野リゾート。その各施設を訪れ、地方らしい遊び方、旅の仕方を再発見していこうというシリーズが「日本を遊ぼう!」です。

 今回ご紹介するのは、「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」。日本酒に焦点を当てた前篇に続いては、雪のゲレンデに繰り出し、思い切り遊びます!

二日酔いしたってOK!
ゆっくりと朝食を堪能


夏場は草ぼうぼうで入っていけない林にも、冬ならスノーシューを履いてがんがん進める。

 ウィンタースポーツと温泉、そして酒どころ会津の日本酒をとことん楽しもうという“冬のあいづ日本酒ガールズステイ”プラン。

前篇では、夜の繁華街に繰り出し居酒屋で飲んだ後は、ホテルの地酒バーで、お部屋でまた一杯。広々とした「会津モダンスイート」で飲んだくれた翌朝は、ゆっくりとスタートしよう。


深酒の翌日、ゆっくり起きたら意外とお腹が空いているのにびっくり。品数の多い“二日酔いご膳”も完食。

 朝ごはんは、遅めの10時からの部屋食。その名も“二日酔いご膳”が提供される。

 まず、身体に優しいそばの実粥にしじみの味噌汁。

 そして、一の重には、“朝ラー”といって朝からラーメンを食べる習慣のある喜多方にならって、中にラーメンとゴマ昆布の入った喜多方オムレツや天ぷら饅頭などの郷土料理が。

 二の重にはワカサギの南蛮漬けとカニとアワビのあんかけ、三の重は季節のフルーツやヨーグルト、パンナコッタにクコの実のデザートと、健康的な素材を使いながらも豪華な仕上がりだ。


左:館内のあちこちで見る赤べこは、会津に蔓延した疫病を追い払ったという赤い牛をかたどった郷土玩具。
右:冬季は、赤く塗る前の白い牛を無数に吊るした“白べこツリー”が飾られていた。

 朝食後のお茶はホテルラウンジに行って“薬研(やげん)こしぇる茶”を楽しむ。

 7時から12時までの間、会津の薬草やハーブの中から好きなものを薬包に取り、漢方の薬種を挽く道具である薬研を使ってお茶を作るというアクティビティだ。


サルノコシカケやドクダミといった、どんな味になるのか興味のわく珍しい薬草も。

 会津若松にある国指定の名勝、会津松平氏庭園の中には、薬草や薬木が数多く栽培されている“御薬園”があり、さまざまな薬草茶が嗜まれてきた。そんな歴史を聞きながら、ゴリゴリと薬研を使って自分だけの薬草茶を作るのは、なかなか楽しく、身体にもよいとあって一石二鳥。


鉄で出来た薬研を使って、本格的な感じのする薬草茶作りを。

スノーシューを履いて雪上お茶会へ


磐梯山を望んで、さまざまなスノースポーツが楽しめる「星野リゾート アルツ磐梯」。こんなインスタ映えのするスポットも。

 ホテルのすぐ前に広がる「星野リゾート アルツ磐梯」は、晴れれば磐梯山が美しい姿を見せ、全部で29コースもある広々としたゲレンデを持つスノーリゾート。

 レベルごとに分かれたスキー、スノーボードのコース、ジャンプも練習できる「SBS PARK」、約3キロもある「クルージングコース」など多種多様だ。


スノーボードもスキーも楽しみ放題!

 またゴムボートに乗って雪原を突っ走るスノーラフティングやそりなどいろいろなスノースポーツが楽しめる。“冬のあいづ日本酒ガールズステイ”で日本酒を目一杯楽しんだ翌日は、雪上お茶会タイムもあるスノーシュー体験“雪原アドベンチャー”を楽しむことに。


こんなところに入って行って大丈夫? と思ってしまう、川沿いの林の中へも。

 インストラクターに「脚は肩幅に開いて、大股で歩かない」など、スノーシューでの歩き方を教えてもらい、出発。林の中にもどんどん入っていける。スノーシューでは後ずさりが出来ないので、反対方向に行く時はくるっと回って行くなど、ちょっとしたコツがある。結構いい運動で、スイーツを温かい紅茶でいただくティータイムにほっと一息。


左:おから豆乳ドーナツと熱々の紅茶。
右:身体の中からあったまるティータイムが、とても幸せ。

 “雪原アドベンチャー”の所要時間は120分。ウェア、手袋、履物、スノーシュー、ポールセット、さらには茶菓など、必要なものはすべて揃って5,000円。

技ありゲレンデ食と
インスタ映えスイーツ


左:ゲレンデ食はバリエーション豊か。素敵な笑顔でお待ちどうさま!
右:サクッサクッのカツをのせ、目の前で仕上げたカツ丼を出してくれる。

 スノーアクティビティは、体力も使うのでお腹もぺこぺこに。みんなでワイワイ言いながらゲレンデ食を楽しむのもまた醍醐味だ。「アルツ磐梯」では、ほかほかのカレー4種類、丼もの4種類、ラーメン3種類が楽しめる。

 今シーズンの目玉は、分厚いロース肉の上にこんもりと白髪ネギと貝割れののった塩カツ丼。カツには旨みのある塩ダレがかかっているので、まずはこのままで。そして、ちょっと食べたら、今度はだしをかけて。ご飯の上には刻みノリとキャベツ、そしてカツの上にワサビも添えられていて、これはウナギのひつまぶしならぬ、カツまぶし?!

 だしがけカツ丼は、風味が変わって、さっぱり食べられる。ボリュームたっぷりだからこの1杯で2通りのおいしさがうれしい。


豪華ないちごボム(手前)は、ホイップクリームとカスタードクリームのミックスにイチゴやベリーがのる。奥のバナナボムは、バナナ1本を丸ごと使っている。

 ゆっくりティータイムは、リゾートセンターにある「Yama cafe」へ。19種類もあるクレープが自慢のカフェだ。くるっと巻いたクレープにクリームをたっぷりのせて、お好みでいちごやバナナなどのフルーツや、アイスクリーム、チョコレートソースなどトッピングして。見た目もとても可愛くてインスタ映えも抜群のクレープ。優しい甘さで、スポーツの後にほっぺたが落ちそうな感じ。


「朱嶺の湯」の入り口。


大きな木の湯船が自然な感じで心地よい。檜で作った香りのよい温泉玉が浮かぶ。

 そして、スキーの後の温泉もまた格別。「磐梯山温泉ホテル」には、温泉大浴場「朱嶺の湯」や温水プールまである。大浴場内にはミストサウナもあって、冷えた身体も芯から温まる。

 会津のおいしい日本酒をたらふく飲んで、地元の居酒屋で郷土料理を食べ、思い切りしゃべって、さらには冬スポーツに温泉と、“冬のあいづ日本酒ガールズステイ”は、まさに女子友旅行のお楽しみが満載のプランだった。

星野リゾート 磐梯山温泉ホテル
所在地 福島県耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838-68
電話番号 0570-073-022
http://www.bandaisan.co.jp/

文=小野アムスデン道子,撮影=鈴木七絵