3回戦のスタートを切る韓国=25日、平昌(聯合ニュース)

写真拡大

【平昌聯合ニュース】平昌五輪最終日の25日、ボブスレー男子4人乗りの後半3、4回戦が行われ、開会式の南北合同入場行進で北朝鮮選手と共に旗手を務めた元允宗(ウォン・ユンジョン)が操縦する韓国組は合計3分16秒38をマークし銀メダルを獲得した。ニコ・ワルターがパイロットのドイツ組と同タイムの2位。

 金メダルはフランチェスコ・フリードリヒが操縦するドイツ組(同3分15秒85)で、2人乗りとの2冠となった。ボブスレーは1〜4回戦の合計タイムで最終順位が決まる。韓国は前半2位で、この日の競技に臨んだ。