1億円超えか 衝撃的なトヨタの究極ハイブリッドカー

写真拡大 (全3枚)

数億円以上するハイパーカーの話になったとき、世界のクルマ業界で話題にのぼるのは、メルセデスAMGプロジェクト・ワンやレッドブル・レーシングのアストン・マーティンのヴァルキリーであって、日本のメーカーの車種の名前があがることはなかった。そう、これまでは。

トヨタ・GRスーパー・スポーツ・コンセプトが発表されたのは、去る1月の東京オートサロンでのこと。だれも、ハイブリッド車でトヨタがこんなクルマを出してくるとは予想もしなかった。

GRスーパー・スポーツは、世界耐久選手権(以下WEC)に出場するマシン、ル・マン仕様LMP1をベースにしたハイパーカーで、1000psのハイブリッドだ。ただし、もうすぐ発売になると期待してはいけない。というのは豊田章男社長は、GRスーパー・スポーツは今のところ、単なるコンセプトだと強調したからだ。ただし、遠くない将来に市販車を発売する考えがあるとも言っている。

この託宣は、同社を未知の領域に踏み込ませた。これまでにトヨタはその高級ブランド、レクサスから限定版LFAというスーパーカーを出してはいるが、それはおよそ4000万円台であり、1億円を越すモデルはなかった。そこに登場するのが、このGRスーパー・スポーツだ。



では、いったいこれはどんなクルマなのか? 確かなのは、トヨタがこれまでに作ったことがない、ラディカルで挑戦的なクルマだということ。外観が空力抵抗を抑えた流線型にデザインされた完全レース仕様のTS050ル・マン・カーを引き継いでいるだけでなく、それと同じレースカー並みのシャシー、同じツイン・ターボ2.4リッターV6ハイブリッドのエンジンを採用している。

GRスーパー・スポーツは、昨年4月に新しく設立されたガズー・レーシング社によるコンセプトだ。つまりガズー・レーシング社はレース活動を行うだけでなく、市販車のための高性能パーツやコムプリートカーを開発して販売する新事業。できる限り多くの顧客にアピールするために、トヨタの販売店の中に「GRガレージ」が設置されるわけだ。



今回、トヨタが行ったのは、市販車をカスタマイズしてハイパフォーマンス車に変身させたのではなく、その逆なのだ。ル・マンとWECでの成功と、培ったノウハウを応用して、TS050ル・マン・カーに採用されたテクノロジーのみをベースとする公道走行が可能なクルマを作ったのだ。

はっきり言って、僕の欧米の同僚は、3月頭のジュネーブモーターショーで発表される次期スープラよりも、このGRスーパー・スポーツの可能性に興奮している。「これは歴史的な瞬間だ。どうした、トヨタ。これでハイブリッドが平凡だ、つまらないと思っていた人たちが、GRスーパー・スポーツを見て、トヨタを見直すかもしれない。メルセデスとアストンマーチンとトヨタの比較テストが早く見たいな」とイタリア人の同僚が語った。確かにそう。トヨタがここまで一流レースマシンと市販車の境目をぼかしたのは初めてだ。

レースに用いられたテクノロジーがフィードバックされ、より安全で、ずっと燃料効率のいい一般市販車が開発されるということは、もう何十年も聞かされてきた。その意味で、一流レースマシンであるGRスーパー・スポーツが、ほとんどそのままで市販車に生まれ変わる話はこれまでに聞いたこともない。

この衝撃的な発表はモータースポーツ界に響いた。1か月も経たないうちに、1億円を軽く超えるだろうと言われる価格でも、なんと20台以上の注文が入ったそうだ。グローバルブランドとしてのトヨタは、世界でもっとも信頼性があると認知されている。しかし、GRというブランドは、高性能部品を作ったり、レースを競ったりする世界以外では、あまり認知度がない。そこで、フラッグシップとなるスーパー・スポーツが登場するまでの数年間の露払いとして、トヨタのGRブランドお披露目作戦は、成功を上げていると言えるだろう。

国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話
「ライオンのひと吠え」 過去記事はこちら>>