Image: Union College

ニューヨーク州スケネクタディにあるユニオン・カレッジの学芸員たちは、保管された文書の棚卸しを行なっている最中に偶然あるものを発見しました。革表紙の本に挟まれていた封筒から、なんとアメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンの毛髪を見つけたのです。

公文書保管人のDaniel Michaelsonさんは学内のシャファー図書館で『Gaines Universal Register or American and British Kalendar for the year 1793』というタイトルの本を見つけました。この本はあらゆる事実や数字が記載されていた有名な暦で、ユニオン・カレッジ創立者の息子フィリップ・J・スカイラーの持ち物だったのです。

目録とメタデータの司書であるJohn Myersさんが同書をさらに調べたところ、ページの間に挟まれた小さな封筒を発見。封筒には以下のように書かれていました。

原文:Washington’s hair, L.S.S. & (scratched out) GBS from James A. Hamilton given him by his mother, Aug. 10, 1871.

日本語訳:ワシントンの毛髪、 L.S.S.&(取り消し線が入ってる)GBS 母から与えられたジェイムズ・A・ハミルトンより、1871年8月10日

※:原文をそのまま翻訳していますが、古い文書のため意味のわかりづらい箇所があります。

そして、Myersさんが中を見てみると糸で束ねられた灰色の髪があったのです。

Image: Union College
髪はコンパクトな革表紙の本に挟まっていた封筒の中から見つかりました

ユニオン・カレッジによる声明文のなかで、特別コレクションと資料課のIndia Spartz部門長は「これはとても重要な宝物です」と語っています。「歴史上で最も重要な人物のひとり、そして我々のコレクションにおける重大な証拠です」とのこと。

発見された髪がかつてジョージ・ワシントンのものだと思われているのには、もっともらしい理由があります。というのも、文中に出てくるジェイムズ・A・ハミルトンの親はアレクサンダー(アメリカ合衆国の初代財務長官)とエリザベス・スカイラー・ハミルトンで、ふたりはジョージ&マーサ・ワシントン夫妻と親しかったのです。そしてその当時、ひと房の髪を取って分かち、受け継ぐのは一般的な習わしでした。さらに封筒の筆跡はジェイムズ・A・ハミルトンの筆跡によく似ていたのです。

Image: Union College
毛髪と同封されていたメモ

髪の束がジョージ・ワシントンのものであると思われる理由はもう1つあります。1ドル紙幣などに見られる肖像画では白髪で描かれている彼ですが、通説に反してカツラは被っていませんでした。若かりし頃、彼の髪は赤みがかったブラウンでしたが、当時の流行に合わせて髪粉を使っていたのです。しかし大統領に就任した頃には、ユニオン・カレッジのサンプルに見られるような灰色がかった白髪へと退色していたとのこと。

公開に備えて、同大学の公文書保管人はこの髪の束を保存しています。学芸員たちがDNAを採取するつもりかどうかは不明ですが、毛幹には核DNAがないので遺伝子情報はあまり得られないと思われます。


Image: Union College
Source: Union College, Legal Genealogist

George Dvorsky - Gizmodo US[原文]
(たもり)