岡田兵吾(おかだ・ひょうご)  マイクロソフトシンガポール シニアマネジャー  大阪生まれ。同志社大学工学部卒業後、アクセンチュア(日本、アメリカ)、デロイトコンサルティング(シンガポール)、マイクロソフト(シンガポール)のグローバル企業3社で21年間、シンガポール・日本・アメリカをベースに活躍。これまで、アジア全域の新事業開発、業務改善および組織改革に従事。現在マイクロソフトではシニアマネジャーとして、日本・韓国・オーストラリア・ニュージーランドの4ヵ国のライセンス監査業務の責任者を務める。   また「アジア組織・改革リード」、「CSR(社会貢献活動)委員」等を兼任し、マイクロソフトでの働き方改革を評価されて数々受賞。世界トップレベルのIEビジネススクール・エグゼクティブMBA取得、同校のアルムナイ・シンガポール支部初代会長。米国PMP(プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル)認定資格保持。   ダイヤモンド・オンラインにて「STAY GOLD!リーゼントマネジャー岡田兵吾の『シンガポール浪花節日記』」を連載中。人生目標は「ソーシャル・チェンジ」(社会変革)、座右の銘は「STAY GOLD!」。著書に、『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』(ダイヤモンド社)がある。

写真拡大

残業できない、残業を部下にさせられない環境下で生産性を上げていくには、仕事を圧縮していくしかなかった――。3社の外資系企業を渡り歩き、14年間かけて磨き上げてきた「仕事圧縮術」を公開!
新刊『すべての仕事を3分で終わらせる 外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術』から、仕事を小さくしていくことで、「スピード」と「質」を最大化する仕事術を紹介していきます。「労働時間の長さ」「生産性の低さ」に対する課題をどのように乗り越えてきたのか、問題解決に役立つノウハウがあります。

Bestではなく、Feasible(実現可能)

 アメリカに半年赴任したときのことです。アメリカのアクセンチュアのパートナーであったアメリカ人の言葉に、当時の私は衝撃を受けました。

「Bestではなく、Feasible(実現可能)であることが大切。60点を目指し、なるべく速く『たたき台』となるコアな業務を設計する。そして、これを磨き上げることで、結果、質とスピードが上がり、プロジェクトが成功する」

 当時は深夜まで残業して、100点を目指した資料やシステムをつくることを信念としていたので、「海外のシステムは簡素すぎる。日本のシステムだけが素晴らしい」と思っていました。

 しかしその後、海外で就職して、固定観念が大きくひっくり返りました。海外の簡素でしかないと思っていたシステムは、必要なものだけが実装されたシステムだったのです。

 しかもITや最新技術を最大限に活用した、生産性の高いニュービジネスを生み出していたのです。

 以前の私は、「仕事は速く完璧にこなす」ことを目指していましたが、システム以外でも、「仕事はまずは60点を目指す」ことが、私の仕事の信条の一つとなりました。実際、仕事が速くて優秀な外国人たちは、100点満点の仕事を時間をかけて一つこなすというよりは、60点の仕事を速くいくつもこなすことをスタンスとしていました。

 これは、仕事自体を60点で終わらせてもいいというのではありません。まずは60点の必要最低限をクリアするたたき台をつくり、上司やクライアントの意見を聞いてから修正して、80点の合格ラインを目指すのです。たたき台の基準は、業種によって80点となることもあります。

 100点じゃないと絶対にダメだという人もいますが、そもそも正解のない仕事において、80点レベルと100点レベルの違いに、まわりの人はほとんど気付きません。

 だからこそ、評価される80点を確実に早くクリアするために、まずは60点のたたき台をささっとつくるのです。