スポーツ仲裁裁判所の反ドーピング部門は24日、禁止薬物のトリメタジジンに陽性反応を示したとして「ロシアからの五輪選手」として平昌五輪に出場したボブスレー女子のナジェジダ・セルゲエワを失格処分としたと発表した。共同通信が報じた。

OAR選手がドーピングで失格(共同通信)