首位タイでフィニッシュした西村優菜、優勝をかけてプレーオフへ(撮影:ALBA)

写真拡大

<アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 最終日◇24日◇Sentosa Golf Club NEW Tanjong Course(6456ヤード・パー71)>
シンガポールのセントーサGCで行われている「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」最終日、日本の西村優菜がアッタヤ・ティティクル(タイ)らと並び、トータル8アンダー・首位タイでフィニッシュ。初代覇者の座をかけて、これから行われる4人のプレーオフにて雌雄を決する。
【関連写真】米ツアー出場権は誰の手に?熱戦の模様を現地より生配信
トータル6アンダー・5位に安田祐香、トータル1オーバー・10位に吉田優利が入った。山口すず夏、古江彩佳はともにトータル2オーバー・11位タイ、稲見萌寧はトータル4オーバー・18位タイだった。
優勝者には、来週に開催される「HSBC女子チャンピオンズ」に加えて、「ANAインスピレーション」、「全英リコー女子オープン」のメジャー2大会の出場権が付与される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

イ・ボミらが出場 ホンダLPGAタイランド3日目のスコア速報
【一言動画】アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 出場7名 意気込み
「彼女がいたから…」西村優菜、心強い相棒とともに優勝争いへ
2打差の安田祐香「自分らしいプレーできたら、まだ優勝も」
イ・ボミの最新オフショットを追加!CA、サンタのコスプレ姿も収録