簡単なのに豪華に見えちゃう!切り身で真鯛のアクアパッツァ

写真拡大 (全7枚)

新鮮な魚介がそろったら、あとは煮るだけ。難しいこともコツもポイントも特になし!素材から出るダシの旨みと塩味で、簡単に美味しいイタリアの郷土料理アクアパッツァが出来ます。今回は手軽な真鯛の切り身を使ったレシピをご紹介します。

【詳細】他の記事はこちら

このレシピを試すのにかかる時間

15〜20分

アクアパッツァとは

イタリア南部発祥の郷土料理で、白身魚と貝類を一緒に煮込んだ具沢山スープのことです。「アクア」は水、「パッツァ」は狂った・暴れるという意味があります。余分な味付けはあまり行わないシンプルな調理法ですが、素材から出るダシがブイヨンの代わりになり美味しいスープになります。

他にも、イタリアならではのトマトやオリーブ、ケッパー、白ワインなども使われます。

よく使われる魚介類の種類

この記事では、真鯛を使いますが、カサゴやメバル、スズキ、タラといった白身魚ならほとんどの種類で美味しく作れます。丸ごとの魚を使えば、骨から出る旨みも加わり、見た目のインパクトもありますが、食べやすく手軽な切り身魚でも十分なダシが出ます。

一緒に加える貝類も、あさりはもちろん、ハマグリやムール貝、時にはヤリイカやイイダコ、エビなども使われます。季節ごとの旬の魚介類を取り入れれば、色々なアクアパッツァ楽しめます。

切り身で簡単!真鯛のアクアパッツァの作り方

材料(2人分)


・真鯛 切り身2切れ
・塩コショウ 適量
・オリーブオイル 適量


・あさり 20〜22個
・プチトマト 10〜12個
・ドライトマト 2〜3枚(あれば)
・ブラックまたはグリーンオリーブ 6〜7個
・ケッパー 小さじ1/2〜1
・薄切りにんにく 1/2かけ分
・白ワイン 50ml
・水 200ml
・イタリアンパセリ 2〜3枝

準備

・真鯛の切り身は、水でさっと表面を洗い流したら、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取る。

・真鯛の両面に塩コショウで下味を付けたら、薄切りにしたにんにくを乗せ、オリーブオイルをかけて全体を馴染ませたら、5〜6分ほどそのままに置いておく(オイルマリネにする)。

・あさりは、必要に応じて砂抜きをし、流水を使ってあさり同士を擦りながら、表面の汚れを落とす。

・ドライトマトは、大きければ半分に切る(ドライトマトは、甘みと酸味のダシが出るので、お好みで使って下さい)。

作り方

 .侫薀ぅ僖鵑魏垢瓩燭蕁▲イルマリネした真鯛を皮目を下にして、40〜50秒ほど中火で焼く(この段階で、中まで火を通す必要はありません)。

◆[∧屬靴燭蕁Bの材料を全て入れてフタをしたら、あさりの口が開くまで弱めの中火で煮る。イタリアンパセリの半分は、刻んで仕上げ用に取っておく。

 塩コショウで味を調えたら、皿に盛り付け、刻んでおいたイタリアンパセリを散らしたら、出来上がり。

真鯛の切り身をオイルマリネにすると、身がふっくらし、一度皮目を焼くことによって、香ばしさも加わります。塩味は、素材からも出ますが、味見をして塩加減を調節して下さいね。

プチトマトは、火が通ると皮が裂けてきます。仕上がる直前に、お箸で摘まみながら皮を剥いて取り除くと、食感も良くなりますよ。

ぜひ、切り身で簡単!真鯛のアクアパッツァを作ってみて下さいね!


【あなたにおすすめの記事】
■素敵な器と旬の食材で「おうちイタリアン」計画♪
■ご飯が残ったら!カンタン♪おしゃれなアランチーニ
■別茹でなしで簡単♪フライパンだけで絶品ワンポットパスタ
■冬の美肌・美腸作りに!旬食材で簡単♪華やかパーティーレシピ
■プロも愛用!見た目もスタイリッシュなストウブの驚くべき魅力