大谷翔平がアメリカで初の1人暮らし「家が広すぎて寂しい気持ち」

ざっくり言うと

  • 大谷翔平はアメリカで初の1人暮らしをする
  • 5年間の日本ハム時代は寮暮らしで、日常生活は至れり尽くせりだったという
  • 「家が広すぎて寂しい気持ちが強いかなと思います」と大谷は話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング