勝負は残り18ホール 巻き返しなるか!?(撮影:ALBA)

写真拡大

<アジア・パシフィック女子アマチュア選手権 最終日◇24日◇Sentosa Golf Club NEW Tanjong Course(6456ヤード・パー71)>
シンガポールのセントーサGCで開催されている「第1回アジア・パシフィック女子アマチュア選手権」最終日。悪天候により競技進行が大幅に遅れ、日没サスペンデッドとなった第3ラウンドが終了。首位と2打差のトータル6アンダー・2位タイに安田祐香、西村優菜がつけている。
【関連】現地から最速生配信!フレッシュ女子アマの最終日フォトギャラリー
すでにそのままの組で最終ラウンドが行われており、現在のトップはトータル7アンダー・アタヤ・ティティクル(タイ)。安田、西村と並ぶ2位タイにチョ・イェン(韓国)。日本勢はトータル2アンダー・単独9位に稲見萌寧、トータル1オーバー・12位タイに吉田優利、山口すず夏が続き、古江彩佳はトータル3オーバーの16位となっている。
優勝者には、いずれも2018年開催の「HSBC女子チャンピオンズ」、「ANAインスピレーション」、「全英リコー女子オープン」の出場権が付与される今大会。ビッグトーナメントへの切符をつかむのは。

<ゴルフ情報ALBA.Net>