米倉氏は、「日本人は非創造的だ」なんてことはないと断言します(撮影:尾形文繁)

混迷を極める昨今、瀬戸際に立たされている日本はどうやって時代を切り開けばよいのか。そもそも日本人は創造的ではないのか。
『イノベーターたちの日本史』を執筆した経営学者であり歴史家の米倉誠一郎氏は、幕末〜戦前昭和の歴史における改革者たちの事例から、日本人は数々のイノベーションの偉業を果たしてきたという。今回は、幕末の蘭学者であり砲術家の高島秋帆の事例を紹介する。

キーワードは「創造的対応」

僕は、イノベーションの研究をしている経営学者で、ベンチャービジネスやソーシャルビジネスにも関心を持ち、最近では、アフリカやバングラデシュでも行動しています。


しかし、研究者としてのキャリアは経営史で、幕末・明治維新の研究から始めています。歴史家として40年にわたって少しずつ書き溜めてきた小稿をまとめて、昨年、『イノベ―ターたちの日本史――近代日本の創造的対応』として上梓しました。

この本のキーワードは、「創造的対応」です。これはあまり知られていない言葉かもしれません。これは「イノベーションの父」と呼ばれるヨゼフ・シュムペーターが1947年に書いた論文で用いた概念でした。

「創造的対応」とは、外からの刺激に対して、普通に返すのか、あるいは創造的に返すのか、その差がイノベーションである、ということです。もう少しわかりやすく説明すると、想定外の創造的な対応をすることで、ドラマチックな変化が生まれるという意味です。

拙著では、幕末・明治維新から昭和初期にかけての日本近代を、「創造的対応」の視点から描いています。今日あまり知られていない人物もいれば、著名ではあるものの、その活動が知られていないというストーリーを取り上げています。一見すると近代史の本ですが、僕が経営学者としていろんなビジネスの盛衰をたどってきた経験を踏まえ、今という時代をどう見つめ、行動にどう生かしていくのか、という点を重視しています。

僕は、歴史には客観的な史実は存在しないと思っています。ある対象を選んだ時点で歴史家のバイアスがかかってしまう主観的なものなのです。学生時代に『ハーメルンの笛吹き男』の研究などで知られる西洋史家の阿部謹也先生に、「先生の本は面白いですね」と伝えたところ、「そうでしょう。だって、誰も見たことがないんだから」と返され、とても感銘を受けたことを覚えています。

最近、日本って創造的ではないよね、とよく聞きます。外国からだけでなく、僕たち自らもこう言っています。僕はそんなことはないと断言したい。それを、この本で取り上げる先人の偉業から知っていただきたいと思います。

アヘン戦争と林則徐

今回は、高島秋帆と開国について紹介しますが、世界史における幕末・明治維新を見る上で欠かせない前史として、隣の清国と大英帝国とで起きたアヘン戦争(1840〜1842年)について説明させてください。

歴史の教科書では、三角貿易の話が出てきます。大英帝国はインド産のアヘンを中国に輸出し、その代金を茶などの中国物産の輸入に充てるというものでした。これによって、清は銀の大量流出という財政問題に加えて、アヘンによる腐敗、堕落、犯罪増加など、深刻な社会問題を抱えていました。


林則徐はアヘン根絶に尽力したが、その後の偉大な功績はあまり知られていない(出所:Dr. Meierhofer in German Wikipedia [Public domain],ウィキメディア・コモンズ経由)

ここで登場するのが、林則徐(1785〜1850年)です。林は福建省の貧しい教師の子として生まれ、27歳で科挙に合格したという相当なエリートでした。彼は順調に出世し、アヘン根絶のために大きな実績をあげていきます。1839年には欽差大臣として、アヘン禁輸措置を決め、その押収廃棄を実行しました。

大英帝国は、この事態を自由貿易に対する侵害行為として、宣戦布告しました。アヘン戦争は歴史上、最も大義のない戦争でもありました。大英帝国議会では激論が起こり、わずか9票差で開戦が決定されたほどです。

清朝政府は惨敗し、多額の賠償金、香港の割譲、上海などの開港を余儀なくされ、鎖国政策を変更させられました。その後、林はアヘン戦争の責任を取らされる形で新疆ウイグルに左遷され、開墾や治水において善政を実施し、多くの住民から慕われました。

この林の左遷は日本にとって大きな幸運でした。林は、西洋に対峙するためには、武力に加えて西洋事情に関する理論武装を進める必要を痛感し、膨大な外書を収集・翻訳させます。その1つが魏源の訳した『四洲志』であり、魏源は、その訳書をベースに世界の地理情報を収集して『海国図志』という100巻の大著をまとめ上げました。

『海国図志』など、林が次々に出版した西洋文献は日本にも流れて、佐久間象山や吉田松陰ら、幕末知識人の重要な知的ソースになります。松下村塾で高杉晋作はこの蔵書に接して運命を変えたといわれています。

清朝政府と同じく鎖国政策を堅持していた江戸幕府にとって、このアヘン戦争は大きな衝撃でした。財政逼迫という幕府の内憂に加えて、アヘン戦争は大きな外患になりました。幕府はアヘン戦争に関する情報をより早く正確に理解する努力をしていました。

その努力は、長崎に来るオランダと清国商人がもたらす風説書に見られます。風説書の初期の目的は、ポルトガル、スペイン関係の情報収集でした。しかし、幕府は次第に広範囲にわたる情報を要求するようになりました。風説書はヨーロッパ、インド、清国の3部構成になりました。

アヘン戦争以降、幕府はオランダに通常の風説書(『オランダ風説書』)に加えて、『別段風説書』と呼ばれるより詳細な世界報告を要求しています。また、幕府は清国との貿易の過程で入ってくる『唐国風説書』にも大きな関心を示しました。幕府はアヘン戦争に関する情報を単一の情報源に頼らずに、3つの、しかも中国とオランダという複数の情報源から仕入れていました。

1840年6月の風説書には、清国との開戦のため、アフリカ喜望峰とインド領内の英国軍の派兵を知らせていました。これは長崎奉行に提出されています。そしてオランダ商館長が、アヘン戦争に関する詳細を100ページ余りにわたって追加提出していました。

この追加提出は、幕府中枢が注目するところになりました。老中・土井利位(としつら)は当時の海外地理書を取り寄せ、江戸に戻った長崎奉行の田口加賀守に、風説書以外の詳しいアヘン戦争に関する情報収集を依頼しました。さらに、直接の当事者である中国人からの情報も入手すべく積極的に動いていました。

こうしてできる限りの情報収集を行い、検証の上で、老中は将軍にアヘン戦争を記した風説書を提出しました。あまり注目されていませんが、幕府の情報収集と検証力も、相当なものであったのです。

起業家・高島秋帆と幽閉

公式ルートで流れる情報以上に重要なのが、民間人の情報収集力です。幕末の志士には、象山や松陰、次の世代の坂本龍馬や高杉晋作をはじめ、情報感受性の高い人物が数多くいました。


波乱に富んだ生涯を送った高島秋帆の創造的対応は、その後の日本の路線を決定づけたかもしれない(出所:匿名 [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由)

しかし、ここで注目したいのは、長崎町年寄にして西洋砲術家の高島秋帆という人物です。秋帆は1798年に長崎町年寄・高島四郎兵衛茂紀の三男として生まれました。父は唐蘭貿易を取り仕切る長崎会所調役も兼務していました。1804年にロシア船が出没し、長崎警備の必要性が増すことになると、四郎兵衛は砲台受け持ちになり、出島の出入りが自由になる特権を手に入れました。そんな中で、1808年にフェートン号事件が起こりました。長崎奉行は、英国軍艦の海軍の言いなりになり、その要求に応えました。

秋帆は、外国船の脅威やその対応に右往左往する父親の姿を見ながら成長しました。そして、父の指導で語学や砲術を学び、砲術師範役を受け継ぎました。1814年に、秋帆は父から町年寄の職を受け継ぎ、砲台受け持ちとして砲術研究に励みました。

秋帆は、諸外国に対抗するには、本格的な西洋流砲術の習得が不可欠と考え、長崎駐在のシーボルトやオランダ人たちから多くの情報を入手しました。また、実際にモルチール砲を輸入し、それを分解模造するという今でいう、リバースエンジニアリング的なことを行っていました。

1834年には、高島流砲術と呼ばれる独自の砲術を完成させ、その名は、海防を必要とする諸藩の間で広く知られるようになりました。特に、薩摩藩、長州藩をはじめとする西南雄藩は、西洋流砲術の技術習得のために、続々と秋帆の下に人材を送るようになりました。彼の砲術とそのベースとなった西洋知識がなければ、西南雄藩が倒幕を果たすことはできなかったでしょう。

秋帆は砲術家であるとともに企業家でした。彼は、長崎貿易の脇荷と称する特権が与えられていました。砲術や西洋知識に必要な物品を調達し、各藩に転売したり、模造品を製作販売するなどして、大きな利益をあげていました。その利益は、すべて西洋の兵器や外国書の購入にあてられていました。その蔵書は、当時の日本随一であったといわれています。

しかし、時代は天保の改革の最中で、蘭学者弾圧の一環として、嫌疑をかけられました。密貿易によって武器を輸入し、謀反を企てているという。その後、謀反の嫌疑は晴れたものの、身分不相応な取引についての罪状を問われて、1845年に安中藩の他家幽閉の身になりました。

「外国交易の建議」の先見性

秋帆が恩赦で自由の身になったのは、1853年でした。10年後の日本は、秋帆がアヘン戦争時に危惧していたことが現実になっていました。欧米列強は、日本に開国を盛んに要求していました。ペリー来航によって、幕閣や諸侯からは、「海防をあつくして、夷敵打つべし」という攘夷論が盛んでした。

しかし、秋帆の構想はまったく異なるものでした。その思いを「外国交易の建議」として書き上げ、幕府へ上申しようと決意しました。上申書ではアヘン戦争など、古今東西の騒乱を分析した上で、ペリーの要求の裏を読みながらまとめあげたのです。


4月に米倉氏が塾長を務める日本元気塾が開講します。藤森義明、楠木建、中竹竜二の各氏のゼミも募集中。詳しくはこちら

秋帆は、米国側の挑発に乗ることを戒め、米国側は日本が開国通商に応じないことを承知の上で、このたびの要求を突きつけ、日本側との開戦を誘った上で、圧倒的な武力をもって日本を支配下に置くことを目的としていると説きました。

そこで、秋帆は即時の開国通商を提言しました。しかも、通商は富国強兵の源と力説します。秋帆は脇荷貿易を通じて、海外貿易の重要性を認識していたからです。ペリー来航により攘夷論が盛んになる状況下で、秋帆は「武力による国防は到底不可能であり、和平開国こそが、日本の生き残る道なのだ。米国の挑発に乗ってはいけない」と警告しました。

10年近い幽閉後、わずか3カ月で書き上げたものでした。秋帆は切腹覚悟で上申する決意を固めて、1855年秋帆の「嘉永の上書」は、老中・堀田正睦(まさよし)に提出されました。

ペリーの要求について、堀田はいくつもの評定を重ねて、最終的に米国側の意向を受け入れ、開国通商の道を選択しました。この意思決定に、どれほど秋帆の主張が影響を与えたかは明らかではありませんが、その後の展開を見る限り、堀田に影響を与えたのではないかと思われます。

近年になり、幕府の和戦開国に至る意思決定を、従来の幕府の優柔不断説という通説を覆し、巧みな外交結果と再評価する動きがあります。たしかに、幕府の対応を批判するのは簡単ですが、隣国に仕掛けられたアヘン戦争の結果を知り、眼前に米国海軍の圧倒的な軍事力を見せつけられた当時の人々にとって、開国要求に対する判断は簡単なものではなかったはずです。秋帆の主張は、次の2つでした。

‘本のような小国は外国貿易によって国を建てることが重要であり、有用なものを無用なもので替える、というしたたかな交易法である。
海外の良いものは積極的に取り入れて学び、自国の足りない部分を補完すべきである。

この2つの方向性こそ、その後、日本に訪れるいくつもの危機を救った基本姿勢になったと思います。戦後の通商国家・日本に通じる構想でもありました。世界に開かれた情報感応性をベースに通商と学びの姿勢を貫いたとき、日本はたぐいまれな創造的対応能力を示すのです。

幕府の優柔不断とも見える判断を可能にしたのは、開かれた知識をもとに、和平通商を構想しえた高島秋帆の見識が大きかったと考えられます。彼の「通商和平」という考え方は、日本を欧米列強の植民地化から守り、独立と近代化への道を歩ませたといえるのです。

(構成:アトミック)