「認知症で記憶がなくなる障害」87歳男性に無罪判決

ざっくり言うと

  • 2017年に87歳男性が兵庫県神戸市のスーパーで万引し、その後に起訴された
  • 23日の判決公判で、裁判官は男性の「認知症で記憶がなくなる障害」を認めた
  • また、「窃盗の故意があったとは認められない」として無罪を言い渡した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング