悟東あすか(ごとう あすか)  高野山真言宗尼僧であり、漫画家。幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007〜2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。<撮影:松島和彦>

写真拡大

真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じ、得度した際にお大師さまに祈って以来は霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。

そうして受け取ってきた様々なメッセージからわかった、ご神仏の力を借りて幸運に生きる方法を紹介した『神さま仏さまがこっそり教えてくれたこと』から一部を抜粋し、再構成してご紹介する。

この本で紹介されている悟東氏の周囲で起こった実際のエピソードには信じがたいものも多く、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせてしまうはず!

予期せぬ結果が道を開くことがある

 ご神仏に、自分はAをお願いしたのに、結果はBだった、というパターンもよくあります。
 たとえるなら、トンカツをオーダーしたのに、カレーライスが運ばれてきた、というような展開です。
 せっかくご神仏にお願いしたのに、
「希望とは違う部署に異動命令が出た」
「相性の悪い人とパートナーを組まされた」
「思わぬところから依頼が舞い込んだ」
 など、思い描いていたこととは違う事態が起きると、「これじゃない!」と言いたくなると思います。
 でも、それで終わらせたら、もったいないのです。
 なぜなら、それは、『カレーライスのほうが絶対においしいから食べてごらん』とご神仏が言っている時なのですから。
 ご神仏のほうであなたという存在を見極め、

『あなたは、本当はこれが好きだよね?』
『実はこれが向いているよ』

 と提案してくれている時だからです。
 つまり、こんな時はご神仏の「軌道修正」がおこなわれているのです。

 でも、私たちにはご神仏の真意がわかりません。ですから、「あれ!?お願いしたことと違うことがやって来た」と感じてしまいます。
 しかし、まずはあえてその状況を受け入れてみましょう。
 出てきたカレーを、ひとくち食べてみてください。すると、意外においしいはずなのです。
 起きた出来事や与えられた立場をきちんと受け止め、目の前のことにしっかり取り組めば、思った以上に楽しめたり、成果が出たりするのです。

 また、もうひとつのパターンとして、お祈りした後に、それまで好きだったトンカツではなく、急にラーメンが食べたくなることもあります。
 つまり、欲しいと思っていたAという願いではなく、新たにBという願いが浮上してきて、「あっ、私は本当はこっちのほうがよかったんだ」と気づくのです。
 そんな思いが湧いてきたら、「いや、一度お願いしたのだから、初心を貫き通さなければ」と思わなくてもいいのです。
「これもご神仏の軌道修正かもしれない」
 と思い、自分の気持ちに素直にしたがってください。

 今まで私の周囲でも、このようなパターンをたびたび見てきました。
 でも、「やっぱり、これじゃなかった」という声を聞いたことは一度もありません。
 最初は「えっ!?これ?」と戸惑うような状況がやって来ても、ご神仏が与えた結果を信じて進み、多くの方が幸せや成功をつかんでいます。
 そんな方たちは、口をそろえてこう言います。

「初めは嫌だったけれど、やって来た流れを受け入れてみたら自分に合っていた」
「その状況に身を置いてみたら、意外に楽しかった」
「新たな環境で気づかなかった可能性が開き、次の展開につながった」

 人生には、そんな展開がよく起こるのです。
 たとえ、その時は不満や不安があっても、このようにご神仏の「軌道修正」を受け入れると、ご神仏の応援がますます得られ、どんどん次の道が開けていくのです。