2007年の今日、テレビサイドPC「VGX-TP1」が発売されました:今日は何の日?
おもなできごと

・2007年2月24日、ソニーがテレビサイドPC「VGX-TP1」を発売

・2012年2月24日、パナソニックが光学ドライブ内蔵の「Let'snote SX1」を発売

・2017年2月24日、ソニーがPC版の「PlayStation Now」提供を発表

・2017年2月24日、オンキヨーがハイレゾ対応のSIMフリースマホ「GRANBEAT」(DP-CMX1)を発売2月24日は日本で初めて鉄道ストライキが実施された日。1898年のこの日、私設鉄道会社の日本鉄道で働く機関士など約400人がストライキに突入し、上野・青森間が運休となりました。ストライキは4日間行われ、労働者側の要求の多くが認められています。

過去のできごとで気になったのは、ソニーの「VGX-TP1」発売(2007年)。「テレビサイドPC」という名前がついている通り、リビングに置いてテレビと接続するというコンセプトで登場したPCです。円筒形の斬新なデザイン、そして色をホワイトにしてPCの持つ圧迫感を排除。これにより、リビングにあっても違和感のない存在となっています。同型デザインのデジタルチューナー「DT1」も用意され、重ねて設置、並べて設置が可能でした。

もうひとつ気になったのは、パナソニックの「Let'snote SX1」発売(2012年)。レッツノートシリーズといえば堅牢性で定評あるノートPCシリーズですが、このSX1から大幅に薄型化されました。薄くなっても、ボンネット構造の改良などによって堅牢性はそのまま継承しています。なお、薄いといっても他社のモバイル機と比べれば分厚いですけどね。ちなみにほぼ同型機のNX1もありますが、こちらは光学ドライブを内蔵していないモデルです。

去年の今日から気になる記事をピックアップ


・トラックボール派モバイラー待望、ナカバヤシのBluetooth親指モデルを試してみた(旅人目線のデジタルレポ 中山智)


あまり見かけなかったBluetooth接続のトラックボール「Digio2 小型無線静音5ボタントラックボール」を試してみた、という話題です。この製品、34mmと大きなボールを装備しながら本体サイズは普通のマウスに近く、トラックボールとしてはかなりコンパクト。定番ともいえるロジクールのトラックボール「M570t」とボタン配置が似ていることもあって、使いやすさも上々のようです。手が小さくて従来のトラックボールは操作しづらいと感じているような人にも、かなりよさそうですね。