合コンや婚活パーティー、マッチングサイトで出会った男子って「恋人探している」というイメージ強いですが、全員が全員恋人を探しているわけじゃないですよ。中には恋人探しているふうを装ってセフレを探しているゲスもいますから。
そんなゲスな男子とデートしても恋愛に発展することはそうないもの。だって本命がいたり、ひどい場合は嫁がいたりしますしね……。
そこで今回は恋人募集中ではなく、セフレ募集中の男がしがちなことを紹介。こんなことしてくる男子はセフレ募集中なだけだと思っていいかもしれません。

連絡は基本夜、暇な時だけ

男子的にセフレとはセックスできればいいだけで、日常を共有したいとは思ってないです。だから連絡もかなりテキトーだったりしますよ。
連絡が来るのがいつも夜中、しかも彼の暇な時だけって場合は、高確率で恋人候補にはなってないですね。むしろ会って一回できればいいやくらいしか思ってないかも。あなたから連絡しないと連絡がこない且つ、彼から自発的に連絡が来ても夜暇な時だけって場合は離れた方がいい男子かも。

相手の内面を知ろうとせず、すぐに飲みに誘う

好きなら相手の内面や趣味や嗜好を知りたいと思うのが自然。あなたを知ろうとする感じの質問もなく、出会ってすぐ「いつ暇? 飲みにいこーよ」とライトに誘ってくる男子は本気度低め……。本当にあなたのことが気になってるなら、誘うまでにちょっとマメにLINEのやり取りをしたり、あなたに「好きなタイプは?」「休みの日は何してるの?」「ご飯は何が好き?」など探る質問をするはずですから。

とりあえずオシャレなお店でその気にさせる

交際するつもりはサラサラないけど、エッチなしで帰られるのも嫌だからデートはオシャレなお店に連れていく、というツワモノもいます。で、こういう男子は甘い言葉を使って女子を「あれ、好かれてる? 交際始まる?」と勘違いさせるのがお上手。
付き合ってとは言わないけど、好意はあるよ? 的な感じを伝えて警戒心を解き、お店を出たら手をつないで近くのホテルにin……。初デートでオシャレなお店で口説くけど、付き合ってとは言わない男子とはホテルに行かないほうがいいですよ。

最初から一線引く

付き合う気がない男子は、最初から一線引こうとしたりします。例えば、「俺、イベント日とか別に興味ないんだよね〜」「誕生日とか祝われるの苦手」「電話よりもLINE(テキスト)派」……とかね。セフレを探しているだけだから一線引いて、あなたが必要以上に近づかないようにしているんです。
なので、彼があなたと仲良くなろうとデートを提案したりするのではなく、どこか仲良くなれないようちょっと一線引いて阻止する感じがあるのなら、恋愛する気はないと思っていいでしょう。