2018年J1リーグ開幕【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

【鳥栖 1-1 神戸 J1第1節】

 23日に行われた明治安田生命J1リーグ第1節、サガン鳥栖ヴィッセル神戸は、1-1の引き分けに終わった。

 J1初となる金曜日開催の開幕戦。試合はいきなり動いた。開始2分、鳥栖は裏に抜けた田川がペナルティエリア内で那須に倒されてPKを獲得。これを田川が決めて、リードを手にした。

 その後はリードした鳥栖が主導権を握る展開。神戸はボールを持ってもなかなかチャンスに広げることができない。

 それでも、後半の立ち上がりに神戸にビッグチャンスが訪れた。右からのCKをゴール前に入れると、鳥栖のGK権田がキャッチをしそこねる。すぐに反応した渡部がシュートを放つも、クロスバーに嫌われた。

 追いつきたい神戸は68分にウェリントンの落としから松下が強烈なボレーシュートを打つが、GKに止められてしまう。

 それでも87分、ついに神戸の攻撃が実った。ゴール前の混戦からウェリントンが落としたボールをペナルティアークからハーフナー・マイクが左足でシュート。膝下を速く振り抜き、ゴール左に決めて1-1となる。

 5分のアディショナルタイムでは神戸のチャンスが目立ったが、2点目を挙げることはできず、試合は1-1のまま終了。2018年J1リーグの開幕戦は引き分けに終わった。

【得点者】
3分 1-0 田川亨介(鳥栖)
87分 1-1 ハーフナー・マイク(神戸)

text by 編集部