仁川空港から来韓したイバンカ氏=23日、仁川(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】トランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官が23日、文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領との夕食会が開かれるソウルの青瓦台(大統領府)に到着した。イバンカ氏は平昌冬季五輪閉会式(25日)に出席する米政府代表団のトップとして23日午後来韓した。

 青瓦台はユダヤ教徒のイバンカ氏に配慮し、同教の食事戒律に従って調理した韓国料理でもてなす。

 この日の夕食会で、北朝鮮核問題に絡む米朝高官協議に関連して同氏が文大統領にトランプ大統領のメッセージを伝えるか注目される。

 文大統領もイバンカ氏に米朝対話の必要性を強調し、米国に対し北朝鮮との対話に積極的に乗り出すよう求めるとみられる。

 また、米国による韓国製鉄鋼輸入制限の動きなど通商摩擦を巡り意見交換が行われる可能性もありそうだ。

 イバンカ氏と共に来韓した代表団には、ホワイトハウスのサンダース報道官や国家安全保障会議(NSC)のアリスン・フッカー朝鮮部長らが含まれており、24〜25日に米国の競技を観戦した後、閉会式に参加し26日に帰国する予定だ。

 25日には北朝鮮の高官代表団も閉会式に出席するために訪韓する予定で、米代表団が北朝鮮側と接触するかどうかも関心を集めている。