テキーラベースの定番カクテルとして知られる“マルガリータ”。その発祥はメキシコ生まれ、ロサンゼルス生まれなど諸説ありますが、アメリカでは2月22日を“National Margarita Day”として、毎年マルガリータを楽しむ日としてお祝いされているのだそう。日本でも2018年から、メキシコ大使館商務部が2月22日を“マルガリータの日”と制定、それを記念するパーティーが2月21日に赤坂・CROSS TOKYOで開催されました。

会場には『エルドゥーラ』や『クエルボ』などテキーラの瓶がズラリ。

“マルガリータの日”制定を祝うイベントらしく、1杯目からマルガリータ。ウェルカムドリンクには、プレミックスのカクテルとして販売されている『マンハッタン・マルガリータ』が提供されます。

都内のバーからバーテンダーが出張、様々なマルガリータがふるまわれました。

「マルガリータ」と一口に言っても、巨峰を使ったもの、花を浮かべたものなど、なかなか個性豊か。

この日は、タブロイド紙『TEQUILA JOURNAL2018』のリリースパーティーも兼ねていて、参加者に先行配布されました。「テキーラってどんなお酒?」という基礎知識から、テキーラの故郷、グアダラハラの観光情報、国内のメキシコ料理やテキーラを飲めるバーのリストなど情報が満載。美味しいマルガリータを飲みたい人は、見かけたら手に取ってみることをオススメします。

有機野菜やオーガニック食材をふんだんに使ったオリジナル料理も提供され、マルガリータやテキーラと合わせて堪能。

爽やかな味わいで食事にも合わせやすいのが、プレミックスのカクテルとして昨年発売された『クエルボ・マルガリータ』。ついつい何杯もおかわりしてしまいました。

テキーラ関連の話題としては、7月27日にアメリカでお祝いされている“National Tequila Day”が2017年に日本でも「テキーラの日」として制定されています。7月27日にはテキーラを飲んでお祝いしましょう!

撮影:オサダコウジ

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』