メイクのせいで悪いイメージがついたら、後悔しきれない……! 気合いを入れてしたメイクも、男性には「あの子は軽そう……」なんて勝手にジャッジされているかも。今回は、時短美容家の並木まきが“男に誤解されやすいメイク”をお伝えします。

文・並木まき

1:盛り盛りのマツエクor付けまつ毛

フサフサまつ毛は目元の陰影を出してくれる素敵な存在ではあるけれど、男性には不自然に見え、マイナスイメージを抱かれることが……。

目元の盛り盛りのまつ毛に、イケイケ印象を受ける男性は多く「軽そうな子だな……」というジャッジにも繋がりやすいのです。

ヤル気満々な女子だと誤解を受けないためにも、まつ毛の盛りすぎは厳禁です。

男性が好む“清楚まつ毛”を目指すなら、スーッと伸びたナチュラルなボリュームを死守して。

2:インパクトが強すぎるチーク

チークは女子をふんわりと優しい顔へと導いてくれる立役者だけれど、べったり塗りたくってしまうと逆に派手な印象に。

よく言われる“ケバいメイク”になりやすく、結果として「軽そうな子だな〜」なんて不名誉なジャッジにも繋がりやすいのです。

余談ですが、男性が女装メイクをする際にチークは欠かせないコスメのひとつ。つまり、チークを効果的に使えば男性が考える“女性らしい顔”が手に入るということ。

モテを極めるなら、“ほんのり上気した肌”を意識して。

3:ツヤツヤを通り越してギトギトしているリップ

ツヤツヤリップは男性から好感を抱かれやすい一方、ギトギトリップは、一瞬で“軽そうな女”疑惑をもたれやすいので要注意。

リップ=キスを連想するパーツでもあるので、盛りすぎリップに下品な印象を抱く男性は少なくありません。

「あんなにギトギトに塗って、何をアピールしているんだろう?」なんて思われてしまえば、恋愛対象外へと真っ逆さま。

リップはツヤ感を重視しつつ、ギトギト感だけは出さないのが清楚メイクのお作法です。

メイクの仕上がりによってイメージは大きく左右されるので、本命モテしたい女子は“やりすぎ”にはご注意を!

(C) Subbotina Anna / Shutterstock(C) Valua Vitaly / Shutterstock(C) Daniel_Dash / Shutterstock(C) Hrecheniuk Oleksii / Shutterstock