出典:https://www.shutterstock.com

ボディタッチは、ふたりの距離を縮めるのに効果的なテクニックです。

しかし、むやみやたらに触ってしまうと、かえって嫌がられてしまう可能性も……。

そこで今回は、男性に“嫌がられないボディタッチのコツ”をご紹介します。

 

■不意に「腕にしがみつく」

ボディタッチは、常にベタベタ触るよりも“不意に”触れるのが効果的。たとえば、人ごみではぐれそうになったときや強風のときなど、しがみついても不自然ではない場面に出くわしたら、腕をギュッとつかんでみるといいかも。

そもそも男性は、女性からのボディタッチに弱いもの。さらにそれが不意打ちだったら、かなりドキッとするはずです。また、か弱い姿に「守ってあげたい」と男心をくすぐられることでしょう。

 

■「耳元」でナイショ話をする

“ふたりだけの話”がしたいときは、男性の耳元でこっそり話しかけるようにするといいでしょう。さりげなく耳や肩に触れることができます。男性としては、顔と顔の距離が急に近くなったことにドキドキし、さらにあなたの吐息が耳元にかかることで、思わず興奮を覚えるはず。

また、誰にも言ったことがない秘密をふたりで共有することで、より親密な関係になれる可能性も。

 

■「2人きり」になったら触る

男性は、人前でベタベタするのが苦手な人が多いようです。恥ずかしさもありますし、まわりの人に冷やかされるのも嫌だと感じるよう。また、人前で誰彼かまわずボディタッチをするような女性にも、いい印象は持てないでしょう。

ただ、2人きりのときに触ってくるのは、むしろ「嬉しい」と感じるようです。「自分の前でだけ、甘えたり触ったりしてくる」と、独占欲をくすぐることができるでしょう。

 

■呼ぶときに「ポンポンする」

男性に話しかけるときに、「ねぇねぇ」と言って肩や腕を軽くポンポンと叩くのもオススメです。ただ普通に話しかけるよりも、可愛らしさや親密さを感じてくれるでしょう。

よそよそしさや変な距離感もなくなり、一気に打ち解けやすくなるはず。出会ってまだ間もないとか、お互いのことをそれほど知らないときにも使えるボディタッチです。

 

あからさまではなく、さりげないボディタッチにこそ男性はドキッとするもの。女性として意識させるためにも、今回ご紹介したボディタッチを駆使してみてくださいね。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

ごめんなさい…!「不倫相手の妻」から届いたお説教LINE

ビクンッ♡ベッドの中で男が「こいつ可愛いな…」と改めて思う瞬間