画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●アドビのiPad用アプリは無料なのに機能が充実

アドビシステムズの「Photoshop」(フォトショップ)といえば、プロのクリエイターも愛用する画像編集ソフトとして有名です。Photoshopをはじめとする「Illustrator」や「Lightroom」などの同社製パソコン用ソフトは、かつて1本数万〜十数万円で販売されており、高嶺の花の存在として知られていました。

そのような「高性能だけど価格も高い」ソフトで知られるアドビシステムズですが、iPad/iPhone用のクリエイティブ系アプリは意外にも大半が無料で提供されているのです。iPad Proの内蔵カメラやApple Pencilを活用してさまざまなコンテンツ制作が効率的にできるなど、「これ、本当に無料でいいの?」と思わせるほどの機能や使い勝手に驚かされます。「アドビ、変わったな…!」と感じさせるアプリのどこがすごいのか、改めてチェックしていきましょう。

○お気に入りのイラストや色を簡単に取り込める「Capture CC」

「Capture CC」(無料)は、撮影した写真からさまざまな要素をキャプチャーしてデータ化するためのアプリです。

まず便利なのが「シェイプ」。紙に描いた文字やイラストをiPadの背面カメラで撮影すると、手間なく鮮明にデータ化できます。データ化といっても、スキャナーのように単純に画像データ(ビットマップデータ)化するのではなく、ベクトルデータ化するのがポイント。つまり、どれだけ拡大してもジャギー(ギザギザ)が目立たずなめらかな描写が保たれるほか、Illustratorなどのソフトでも利用できるのです。スケッチブックなどに描きためたイラストをデータ化して使いたい人には便利な存在となるでしょう。

面白いのが、写真から色を抽出する「カラー」機能。アルバム内の写真を選択するか、iPadの背面カメラで写真を撮影すると、写真内の5つのポイントで指示した部分の色を抽出して数値化してくれます。コンテンツ制作の際、色を指定するのに必要なRGBやHEXなどの数値で参照できるので、お気に入りの洋服の色や、街で見かけた建物や看板の色などがさまざまなコンテンツで再現できます。

ユニークな機能が「パターン」。カメラで撮影した写真のなかから一部分を選択することで、その絵柄が連続して描かれた万華鏡のような模様を作成できます。人の顔などを用いても、一見すると写真から生成したとは分からないような美しいパターンになることもあり、いろいろ試してみたくなります。

AI(人工知能)を利用した面白い機能が、写真内にある文字と似たフォントを探してくれる「文字」。街で見かけた看板や、手持ちの雑誌に載っていた文字の部分を指定するだけで、似たようなフォントをズバリ弾き出してくれます。これらはアドビの各種アプリで利用できるフォントばかりなので、ほかのアプリで似たフォントを使ってさまざまなコンテンツが作れるわけです。いまのところ、欧文フォント(英数字)のみで和文フォント(漢字やひらがな)には対応していませんが、欧文フォントは種類がものすごく多いので、フォントの種類を写真からズバリ弾き出してくれるのはなかなか痛快です。

●感覚はまさに紙と鉛筆! お絵描きアプリ「Photoshop Sketch」

「Photoshop Sketch」(無料)は、その名の通りスケッチをするためのアプリです。お絵描き的なアプリは数多く存在するものの、Adobe SketchはiPad ProとApple Pencilのメリットを最大限に引き出した作りなのが目を引きます。

まず特筆すべきなのが、鉛筆や筆などを使った際の表現を、iPad ProとApple Pencilできわめて忠実に再現できること。Apple Pencilは筆圧を検知できるので、強く押し込むように描けば線が太く、弱い力で描けば線が細くなります。さらに、Apple Pencilは傾きも検知できるので、横に倒して描けば鉛筆の芯の腹を使って広い範囲を淡く塗れるのもリアル。紙との違いがきわめて少ないので、普段鉛筆とスケッチブックを使っている人もストレスを感じずに作業できるでしょう。

作業中、iPadの画面に手のひらが触れても、それは手だと認識して無視されるので、手の部分がベッタリと塗られることはありません。

圧巻なのが、描画でミスをしたりして処理を取り消したい場合に使うアンドゥの操作。3本指を画面に当てると上部に青いゲージが現れ、左右に動かすだけでアンドゥ/リドゥの操作ができます。数ステップ前の状態にも簡単に戻せるこの操作に慣れてしまうと、消しゴムで細かく作業しなければならない鉛筆と紙にはもう戻れません。

●線と四角をラフに引くだけでデザイン案が作れる「Comp CC」

「Comp CC」(無料)は、印刷物などを制作する際のベースとなるデザイン案(カンプとも呼ばれる)を作成するためのツールです。このアプリがすごいのが、シンプルなジェスチャー操作で文字や写真が入る場所が直感的に作成できること。線を引いて脇に点を打てば見出し文字が、大まかに四角を描いて内部に2本以上の線を引けば文章の段落が生成できるという具合。写真のはめ込みもワンタッチででき、上に文字を載せる処理や半透明にする処理もワンタッチでできます。

印刷物の制作に限らず、さまざまなデザイン案の作成で便利に使えるアプリだと感じます。ちょっとした空き時間にサッと作業できるのも魅力です。

○iPhoneともクラウドで連携、パソコンでは難しい活用が簡単に

これまで紹介したアドビシステムズの無料アプリを使うことで、パソコンでも難しい高度な作業が簡単にできることが分かりました。アプリはiPadだけでなくiPhone版も用意され、無料で利用できるクラウドサービス「Adobe ID」でログインすればiPadで作成したデータをiPhoneで参照でき、電車での移動中などでも作業できます。さまざまなコンテンツの制作を手がけるクリエイターはもちろん、ビジネスシーンや普段の生活、学校の課題などでも役に立つシーンは多いと思われます。すでにiPad ProとApple Pencilを持っていれば追加投資なしで利用できるので、ぜひ試してみてください。

iPadは、税別37,800円の手ごろな価格で入手できる9.7インチiPadの手ごろさが光りますが、Apple Pencil(税別10,800円)を使うには10.5インチiPad Proが必要です。価格は税別69,800円と高くなりますが、作業効率やクオリティーを重視した作業をしたいならば10.5インチiPad Proを奮発する価値はありそうです。