『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』 (C)NTV

写真拡大

連日のメダルラッシュによって日本中を盛り上げてきたオリンピックも、いよいよ今週末には開会式を迎える。選手たちの熱い戦いはひとまず終わるが、テレビ業界の戦いが終わることはない。そこで、2月14日〜20日のHulu週間ランキングから現在の注目番組を取り上げていきたい。

リアルすぎる衝撃映像が2位にランクイン!

今回1位には輝いたのは、山崎賢人主演のドラマ『トドメの接吻』。先週に引き続いてのトップとなっているが、Huluオリジナルストーリーのスピンオフ作品『トドメのパラレル』も2位にランクイン。ワンツーフィニッシュするという好調さを見せつけている。

そんな絶好調な本シリーズを追うのが、3位の 『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』。ヒットドラマには欠かせない「医者」、「弁護士」、「刑事」という職業にそれぞれ就いているエリート三兄弟が繰り広げるホームドラマだ。主人公となるのは、東大卒のエリート警察官にして末っ子の秀作だが、今回は山田涼介がコミカルに演じ、話題となっている。そのほか敏腕弁護士の長女に波瑠、天才心臓外科医の長男に小澤征悦といった実力派たちが勢ぞろい。三兄弟が一家の安泰を脅かす事件を全力で解決するまでを描いたコメディとして、人気を集めている。

そして、4位には広瀬すず主演の『anone』が続いており、国内ドラマが上位4作品を独占する結果となった。

いずれの作品も、内容はもちろん主演を務める若手俳優の人気が上位獲得の大きな要因だと思われるが、オリンピックのまっただ中ということも、Huluでドラマが好調となった理由なのでは? 今回は時差のない韓国での開催だったこともあり、オリンピックはライブで、ドラマはHuluで、となったのではないだろうか。

週間ランキングでは、そのときの世相が反映されやすいため、オリンピック終了が今後のランキングにどのような影響を与えるのか注目したいところだ。(文:志村昌美/ライター)

【Hulu 2月14日〜20日の週間ランキング/総合】
1位『トドメの接吻』
2位『トドメのパラレル』
3位『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』
4位『anone』
5位『名探偵コナン』
6位『徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました』
7位『ポプテピピック』
8位『Documentary of Namie Amuro "Finally"』
9位『ウェントワース女子刑務所』
10位『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけないシリーズ』